【アニメ感想】グランベルム 第8話「魔術師になるということ」

 グランベルムの8話を見て感想を書かせていただきます。
 アンナさんとの戦いが終わり、次は水晶さんと戦うことになりましたが……
 悠木さんの悪役は「オーバーロード」のクレマンティーヌさん以来でしょうか。

【内容】
 九音は姉の呪いを解く為に水晶と戦いますが、機体から出てきた水晶に口づけをされます。
 オープニングの後、満月はベッドに九音が(裸で)眠っていることに気づきます。
 戦いが終わるときに戻る場所をイメージしないと同じ場所に「一糸まとわぬ状態で」戻るそうです。

 新月はアンナに勝ったとのことですが、寧々が「ブタ持ってきて」と連絡してきました。
 寧々は満月に渡していたブタの映像から水晶が全力ではないと言い、アンナのことを全く覚えていませんでした。
 アンナは耐えきれずに消滅したらしく、誰かが彼女の死をなかったことにしようとしているようですが……

 次の日、新月が学校に来ないかと思ったら水晶が転校してきました。
 満月は新月に「自分を責めないでね」と言いますが……
 写真からアンナの姿が消えている一方で、水晶は満月との共闘を持ちかけます。

 満月はどうして九音の姉に呪いをかけたりキスしたりするのかと聞いてきました。
 新月は「あなたはこれ以上グランベルムに関わるべきではない」「何もない」と挑発して去っていきます。
 九音は背後から刃物で水晶を殺そうとしますが、水晶は姉の魂を食ったと言い出します。

 寧々はパソコンをいじって記憶の操作について調べていて、満月達のことを好きだと言っていました。
 「ノイズキャンセリング」という言葉を発したかと思ったら各地で魔力の反応が見られます。
 満月は水晶に言われたことが気になった影響なのか、アルバムが真っ白になった夢を見ていました。

 新月に呼び出された満月は夜中に外出し、互いに嘘をついているのではないかと察します。
 満月はアンナのことで涙を流した後があり、それでも新月を応援すると言いますが……
 新月は満月にグランベルムに参加するなと言い、満月は水晶にも同じことを言われたことを思い出します。

 自分達は戦うしかなかったという新月に対して、満月は「何もない」を背負っていると言ってきました。
 新月は満月に涙の後を見て、満月は改めて一緒に戦おうと言ってきました。
 九音は姉のことを思い出し、2人が合わされば全てをコントロールできると言っていたことを思い出します。

 突然に目を覚ました姉は水晶の名前を出したかと思えばいきなり抱きついてきました。
 次の日、新月、満月は人の心をもてあそぶ輩には2人がかりでもバチは当たらないと宣戦布告しますが……
 水晶は「そうでないと壊しがいがない」といい、寧々は希望に高い魔力を感じるのでした。

【感想等】
 いきなり水晶さんが九音さんにキスしてきてドキドキしたのはここだけの話です。
 寧々さんが退場しても生きていたのでアンナさんも生きているとばかり思っていたのですが……
 ご丁寧に公式サイトのキャラ紹介でアンナさんだけモノクロになっていました。

 お姉さんを食べただけでなく妹をも誘惑する水晶さんが一番危険な相手なのは間違いないはず。
 「何もない」と言われたときに自分のことかと思った視聴者は私だけではないかも。
 残り4話で水晶さんを倒して終わりだとしても、元相方のロサさんが復活参戦する可能性はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム