【アニメ感想】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第7話「狐人(ルナール)」

 ダンまちの2期7話を見て感想を書かせていただきます。
 アポロンさんという驚異を退けた後は、イシュタルさんと事を構える流れのようです。
 春姫さんの上品なただずまいを見てあんな風になりたいと思う今日この頃です。

【内容】
 歓楽街で朝帰りしたベルはヘスティアに正座させられ、媚薬をどうして持っていたのかと問い詰められます。
 ベルは変なことは一切していないと言い、ヘスティアは彼に労働奉仕の罰を与えます。
 庭先を掃除しつつも小さな子供が遊んでいるのを見て、ふと春姫のことを思い出すベルなのですが……

 リリルカやヴェルフ、命は責任を感じて一緒に掃除をすると言い、命はあるルナール(狐人)を探しているとのこと。
 ベルは深く考えずに春姫の名前を出すと、命は「あんなに純粋なお方が……」と戸惑います。
 リリルカは「また抗争をするつもりですか?」と言い、ヴェルフもまた派閥を危機にはさらせないと言ってきました。

 ヘルメスはイシュタルがベルに目をつけたと言い、俺は悪くないんだと叫び出します。
 ベルは歓楽街で朝帰りだと告白して受付の女性に「そんなところに行っちゃダメ!」と怒られてしまいました。
 イシュタルファミリアは戦闘面でも商業面でもトップクラスでアイズも負けかけた相手なのだとか。

 アイシャは有名な相手でしたが春姫はリストには載っていないそうです。
 5年ほど前にイシュタルファミリアは複数の派閥からレベルを偽っていたと訴えられたそうですが……
 イシュタルは訴えたファミリアを次々に訴えて潰し、更にお金を巻き上げてきたのだとか。

 「娼婦が英雄の隣に立つことはない」という言葉に春姫を思い出すベルくん。
 アイシャはコンペイトウを春姫に渡し、命は春姫に声をかけますが……私はあなたを存じませんと言われてしまいます。
 命はタケミカヅチから恩恵を受けたのは春姫のおかげだと言ってきました。

 元々高貴な生まれの春姫は社に食糧を配給するようにと父に進言したとのこと。
 タケミカヅチは屋敷に閉じこもっている春姫を助け出してこいと言い、毎日連れ出しては遊んでいたそうです。
 春姫は自分を連れ出した命は英雄みたいだと言っていましたが……

 社に仕送りをするためにオラリオにやってきた命は、恩がある春姫が人買いに売られたと知ったとのこと。
 ベルはかつてのように春姫を救い出そうと言いますが、そこにヘルメスがその様子をうかがいます。
 ヘルメスからの引き抜きは確実に抗争になると言いながらも、娼婦は大金で引き取ることが出来るとのことです。

 相場が300万と聞いたベル、命はやる気を出しますが、ヘルメスは相手がルナールだと聞いて顔色を変えます。
 ヘルメスはイシュタルに「殺生石」なるアイテムを運んでいたとだけ言って去っていきました。
 イシュタルはフレイヤが執心するベルをかっさらってこいと言い、儀式の後はフレイヤと戦争すると言い出します。

 春姫を救出するという目的に向けてベルや命はやる気を出し、リリルカやヴェルフもダンジョンについてきました。
 殺生石のことが気になりつつも「今はモンスターを倒してお金を作る」とおっしゃるベルでしたが……
 アイシャは同じレベル3のベルを圧倒して窮地に陥れ、このままベルをお持ち帰りしてしまうのでしょうか。

【感想等】
 ベルくんがヘスティアさんに正座させられているのはどう見ても夫婦にしか見えませんでした。
 他のラノベはウサギがよく出てきますが、春姫さんのような狐さんも捨てがたいです。
 春姫さんがラフタリアさんや仙狐さん、ラティナさんに続く新たな癒しになってくれることを願う今日この頃です。

 アポロンさんも色々あれな人でしたが、イシュタルさんはそれ以上に危険な相手のようです。
 春姫さんが命さんを拒絶したのは彼女を巻き込みたくないという意図なのではないかと思われますが……
 「殺生石」というと九尾の狐が絡んでくることは確定として、最後はイシュタルさんを倒して2期終了でしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム