【アニメ感想】ガンダム Gのレコンギスタ 第8話「父と母とマスクと」

 Gレコの8話を見て感想を書かせていただきます。
 アイーダさんのお父さんとかベルリさんのお母さんとか良くも悪くも行動的な方が続きます。
 マスクさんの正体は一体誰なのか……といっても声でもろわかりなのですが。

【内容】
 ミック・ジャックがアーマーザガンなるモビルアーマーを出してきてキャピタルアーミィに攻撃してきました。
 ベルリは自分が乗っていたジャハナムが放置されているのを発見します。
 総監のグシオンが自ら前線に出てきて、アイーダと抱き合っているのを見て親子だとわかります。

 クリムが敵に攻撃を仕掛け、ベルリはGセルフにトリッキーパックというものをつけてもらいました。
 ベルリはラライヤをグシオンに任せ、ライフルをもらって出撃し、アイーダは父親の護衛につくことになりました。
 マスクは部下を撃墜されながらも「格闘戦は高度がある方が圧勝する」と言って攻めてきました。

 ウィルミットは「あそこにベルがいる!」と言って接近し、ベルリは慣れないパックに苦戦を強いられます。
 アイーダは未確認の物体が迫っていると言い、ラライヤはベル、ベルと叫んでベルリを絶賛しているようです。
 真っ赤になったGセルフに追い込まれたマスクは退散を余儀なくされ、ベルリはアイーダを探します。

 アイーダのアルケインは出力がオーバーロードして宇宙に上がってしまったようです。
 ベルリは未確認の飛行物体に母親が乗っていることを知って困惑し、射撃しようとするアイーダを制止します。
 アイーダは索敵していたと嘘をついてごまかし、ベルリ達とメガファウナへと戻っていくのでした。
 
 タブーを破った疑惑のあるニックスペースは解体されたと言いますが、メガファウナになったことが真相でした。
 グシオンは「宇宙からの脅威」と意味深なことを言い、月の周りの脅威に対抗するために宇宙世紀の技術が必要なのだとか。
 ウィルミットはキャピタルタワーはそびえ立つべきと言い、ベルリやノレドを連れて帰ると言い出しますが……

 単身で戻ってきたマスクに対して軍の同僚はクンタラだと侮蔑していました。
 髪の毛を短くしたマニィはマスクの正体がルインだと気づき、マスクはクンタラにもプライドがあるのだと言い放ちます。
 アイーダはクンパがヘルメスの薔薇の設計図を知らないわけがないと危機感を抱くのでした。

【感想等】
 2クールだとはいえ4分の1が終わってしまい、時間の流れって早いなと思えてきます。
 アイーダさんのお父さんが「グシオン」というお名前で、鉄血のオルフェンズにそんな名前の機体があったかと。
 昭弘さんの実弟・昌弘さんのことが今でも心残りなのは私だけではない……はず。

 お父さんもお母さんもわかり合えているのは、ファースト、ZやVの主人公に比べて恵まれているのかも。
 真っ赤になったGセルフはトランザムシステム(00)のリスペクトなのでしょうか。
 マニィさんの髪が短くなっていたことに驚きつつ、月の動きに∀ガンダムのムーンレイスを思い出す今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム