【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第18話「Only Love Can Break Your Heart」

 キャロチュの18話を見て感想を書かせていただきます。
 母親と向き合うために一念発起したチューズデイさんですが……
 人間は憎しみでしか人と向き合うことが出来ないのでしょうか。

【内容】
 AIマネージャーの裏切りによって破産したアーティガンは立ち直ったようで何よりでした。
 アーティガンとタオは方針を巡って激しく対立し、アンジェラはいい加減にうたわせてくれとつぶやきます。
 アーロンが自動運転の車にひかれたと言い、写真の流出が原因ではないかと推測されます。

 あれだけアンジェラを求めていたアーロンは「割に合わないんだよ」と言ってアンジェラを拒絶します。
 「まだそんな男を気にかけているの?」と怖いメッセージが届いたので警察に通報しますが……
 ガスはアルバムのレコーディングを進めていて、トビーは「ファンタスティックなクソだ」と一応のOKを出します。

 フェフナーからの呼び出しがあり、秋のサイドニアフェス出場のオファーをしてきました。
 キャロル、チューズデイはこれから忙しくなると言って喜び、誰にも空き缶なんて投げさせないと意気込みます。
 チューズデイは母親であるヴァレリーと向き合うために記者のカイルに会うことを決意します。

 キャロルはカイルには気をつけろと念を押し、チューズデイはそれでもカイルに会うことになりました。
 チューズデイはどうしてジャーナリストになったのかと聞くと、キャパという人物に憧れてこの世界に飛び込んだそうです。
 カイルは取材が原因で片耳が聞こえなくなったそうですが……

 ヴァレリーは対抗候補との差が縮まった一方で、息子が戻ってこないことを気にかけているのでしょうか。
 ジェリーという選挙屋の介入によってヴァレリーの主張が変えられているそうです。
 はじめはヴァレリーのスキャンダルを追っていたものの、世の中が大きく変わるきっかけだと感じたとのこと。

 アンジェラと母は警察にチェックしてもらったものの盗聴器もカメラも見つからなかったそうです。
 ブラックナイトはアンジェラの行動を全て見透かしているようですが……
 いきなり爆発事故が起こってカイルはどこかに向かい、チューズデイとキャロルは抱き合って無事を喜びます。

 ウェザープラントの爆発によって気温が急速に低下してどったんばったん大騒ぎになりました。
 今回の事件はテロだと断定され、移民に対する強硬姿勢を打ち出すヴァレリーにますます注目が集まります。
 事件が追い風になって逆転は時間の問題であり、当選後を考えるとタオが必要なのだとか。

 カイルは再びチューズデイと会い、チューズデイは母が男性に負けないように気をはっていたと語り出します。
 元々は差別的な発言がなかった母が主張を変えたのは何かの寂しさが原因ではないかと考えますが……
 気温はますます寒くなってきた一方で、チューズデイはカイルに何か惹かれるものを感じていました。

 カイルが他の女性とキスをしているのを見たチューズデイはショックを受けてその場を去ります。
 そんなチューズデイをキャロルは何も言わずに抱きしめるのでした。

【感想等】
 アーティガンのテンションが戻ったのはいいとしても、タオさんとのやりとりを見ると少し不安です。
 アーロンさんの豹変ぶりには言葉を失う一方で、いまだに正体が見えないストーカーさんがますます怖くなりました。
 秋のサイドニアフェス出場決定とチューズデイさんが前向きになったのはよかったと思います。

 キャロルさんをはじめとした皆さんの、自分の夢に向かって真っ直ぐに突き進む姿はまぶしさすら感じます。
 移民に対する強硬姿勢が支持されるさまを見て、外に敵を作るのはリアルでもアニメでも変わらないのかと考えます。
 お母さんやストーカー、AIの問題など多くをはらんだ本作が、どんな結末に向かっているのかすごく気になります。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

度が過るファン

こんばんはです。

長文失礼します。
アーティガンさんが立ち直ったのは
私も良かったと思います。
かつて彼もAIに頼らない自作曲を作り
避難されながらも登り詰める下積み時代が
ありました。
出来上がった曲をアンジェラさんに歌わせて
たくタオさんの元に訪ねてきましたか、
やりとりが面白かったですね。
一方、キャロチュさん達はトビーさんの
厳しいチェックがありながらも、
次のアルバム作りは順調に進んでいるようだ。
以前は54回ものやり直しがありましたが、
今回は32回とだいぶ成長したと思える。
ヘフナーさんがあのトビーに耐えるとは
根性あると評価し、ヒットする訳も理解する
など、トビーさんは本当に凄い方と
言えそうだ。
サイドニアフェスの出場依頼がかかるとは
キャロチュさん達はへフナーさんに
認められたということですね。
チューズデーさんはお母さんの事で
色々と悩みがありますが、カイルさんとの
出会いはなかなかドキドキしたものでした。
チューズデーさんはカイルさんに恋をするが
破れ、キャロルさんが抱きしめるシーンは
印象的でした。
この事でまた曲作りに変化がありそうです。

本日もご苦労様でした。
アーティガンさんがAIに慣れしまい初心に
戻った前回の必死さが良かったです。
以前、スキップさんがキャロチュさん達に
言った事は、有名になると初心の良さを
失うと。
まさに今回のアーティガンさんが当てはまる
話であった。
前回キャロチュさん達が最初に出した
アルバムは順調に順位が上がりつつあり、
曲が浸透し始めたようだ。
アンジェラさんの様にいきなり一位に
なるより、徐々に順位が上がる曲の方が
長くヒットする傾向が現実でもあります。
いきなり一位の曲は最初は勢いがあるが
飽きられやすい傾向があります。
大抵の場合、いかなり順位を落とし
ベストランキングからも姿を消す傾向がある。
アンジェラさんのストーカ犯人疑惑であった
アーロンさんは、本物のストーカさんに
命を狙われましたね。
前回と今回フードを被った姿を顕にしました。
体が細くハッキングが出来るような人物で、
アンジェラさんの行動を知る人物となると
タオさんが怪しくなります。
何気に体型も印象が似ている。
またパソコンを入力する際に手を見たが、
指にシールのようなものを貼っており、
女性かも知れません。
アーロンさんは最初から自分のステータスを
上げたく、アンジェラさんと付き合っている
ように見せていただけなので、病院での
彼の反応は分かりやすかった。
現実世界でもつい最近、ジャニーズの
メンバーがストーカ被害にあり、
今年のツアーは見送りと言う事態まで
いきましたね。
また昔、ビートルズのジョンレノンさんは
熱狂的なファンにより殺されてしまった
という有名な事件がありました。
異常なファンは怖いものです。
今回驚いたのはヘフナーさんの声優さんが
大塚さんと言う名前にビックリしました。
ガスさん役の大塚さんとは親子かと
思ったが違った。
カイルさんが憧れたキャパさんは実際に
実在した世界的有名な軍事カメラマンです。
写真家なら憧れるのも理解できる。
キャパ賞という賞があるくらいです。
日本では沢田さんと言う方が有名ですね。

Re: 度が過るファン

> こんばんはです。
> 長文失礼します。

 こんばんはです。
 キャロチュも大詰め……でしょうか。

> アーティガンさんが立ち直ったのは
> 私も良かったと思います。
> かつて彼もAIに頼らない自作曲を作り
> 避難されながらも登り詰める下積み時代が
> ありました。
> 出来上がった曲をアンジェラさんに歌わせて
> たくタオさんの元に訪ねてきましたか、
> やりとりが面白かったですね。

 どん底に落ちた彼を見捨てなかった
 ロディさんの存在も大きかったと思います。
 タオさんとのやりとりも面白かったです。
 (ガンダム00のキャスト的にも)

> 一方、キャロチュさん達はトビーさんの
> 厳しいチェックがありながらも、
> 次のアルバム作りは順調に進んでいるようだ。
> 以前は54回ものやり直しがありましたが、
> 今回は32回とだいぶ成長したと思える。

 回数が減っているのは大きな進歩ですね。
 最後は10回くらいでOKになるのか、
 それともあの暴言がなくなるのかも気になります。

> ヘフナーさんがあのトビーに耐えるとは
> 根性あると評価し、ヒットする訳も理解する
> など、トビーさんは本当に凄い方と
> 言えそうだ。
> サイドニアフェスの出場依頼がかかるとは
> キャロチュさん達はへフナーさんに
> 認められたということですね。

 サイドニアフェスが
 「奇跡の7分間」なのかもしれませんし、
 今後にますます期待が高まります。

> チューズデーさんはお母さんの事で
> 色々と悩みがありますが、カイルさんとの
> 出会いはなかなかドキドキしたものでした。
> チューズデーさんはカイルさんに恋をするが
> 破れ、キャロルさんが抱きしめるシーンは
> 印象的でした。
> この事でまた曲作りに変化がありそうです。

 チューズデイさんにとって
 年上の男性との出会い自体が少なかったのかも。
 お父さんも出てきませんし……

 恋が破れることで一つ成長できるのなら、
 それも仕方ないのでしょうか。

> 本日もご苦労様でした。

 今日も一日お疲れ様でした。

> アーティガンさんがAIに慣れしまい初心に
> 戻った前回の必死さが良かったです。
> 以前、スキップさんがキャロチュさん達に
> 言った事は、有名になると初心の良さを
> 失うと。
> まさに今回のアーティガンさんが当てはまる
> 話であった。

 有名になることで見えなくなることもある、
 それを2人の人物が教えてくれたわけですね。
 現実の世界でも考えさせられます。

> 前回キャロチュさん達が最初に出した
> アルバムは順調に順位が上がりつつあり、
> 曲が浸透し始めたようだ。

 じわじわと売れてくる感じですね。
 口コミでどんどん広がっている感じがします。

> アンジェラさんの様にいきなり一位に
> なるより、徐々に順位が上がる曲の方が
> 長くヒットする傾向が現実でもあります。
> いきなり一位の曲は最初は勢いがあるが
> 飽きられやすい傾向があります。
> 大抵の場合、いかなり順位を落とし
> ベストランキングからも姿を消す傾向がある。

 最初に1位をとっても安心出来ないのは
 なかなか難しいなと思います。
 音楽の世界に限った話しではないですが。

> アンジェラさんのストーカ犯人疑惑であった
> アーロンさんは、本物のストーカさんに
> 命を狙われましたね。
> 前回と今回フードを被った姿を顕にしました。

 アーロンさんが犯人だと思っていただけに
 完全に裏をかかれた感じがしました。

> 体が細くハッキングが出来るような人物で、
> アンジェラさんの行動を知る人物となると
> タオさんが怪しくなります。
> 何気に体型も印象が似ている。
> またパソコンを入力する際に手を見たが、
> 指にシールのようなものを貼っており、
> 女性かも知れません。

 タオさんはかなり怪しいですよね。
 女性キャラだとマネージャーさんでしょうか。

> アーロンさんは最初から自分のステータスを
> 上げたく、アンジェラさんと付き合っている
> ように見せていただけなので、病院での
> 彼の反応は分かりやすかった。

 ここまでわかりやすいと
 逆にすがすがしさすら感じてしまいます。

> 現実世界でもつい最近、ジャニーズの
> メンバーがストーカ被害にあり、
> 今年のツアーは見送りと言う事態まで
> いきましたね。
> また昔、ビートルズのジョンレノンさんは
> 熱狂的なファンにより殺されてしまった
> という有名な事件がありました。
> 異常なファンは怖いものです。

 現実の世界とアニメの世界と、
 根本的なところは変わっていないのかもしれません。

> 今回驚いたのはヘフナーさんの声優さんが
> 大塚さんと言う名前にビックリしました。
> ガスさん役の大塚さんとは親子かと
> 思ったが違った。

 うろ覚えですが大塚周夫さんという方がいて、
 大塚明夫さんのお父さんだったような気がします。

> カイルさんが憧れたキャパさんは実際に
> 実在した世界的有名な軍事カメラマンです。
> 写真家なら憧れるのも理解できる。
> キャパ賞という賞があるくらいです。
> 日本では沢田さんと言う方が有名ですね。

 信念であえて危険な現場に足を踏み入れる、
 そんな生き方もすごいなと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム