【アニメ感想】ダイヤのA actⅡ 第21話「時間がない」

 ダイヤのAの3期21話を見て感想を書かせていただきます。
 紅白戦が終わってメンバーが固まってきたようですが、どんな方が残ってくるのでしょうか。
 作品の中でも作品の外でもだんだん時間がなくなってくるのを感じますが……

【内容】
 1年生と2、3年生の紅白戦は新入生が意地を見せ、栄純は大声で吠えてきました。
 オープニングの後、紅白戦はあっという間に終わり、決勝に続いて関東大会も見に行かせる流れになりました。
 その後、3人の選手がベンチ入りメンバーに選ばれ、それは同時に3人が落とされることを意味していました。

 当落線上にいる上級生は危機感を強め、麻生はマジでイケてねえなと言っていました。
 御幸は五月の試合日程を見ていて、さらに彼自身は東京選抜で3日ほど抜けるそうです。
 いつになくセリフが多い御幸は「いくら時間があっても足りないよ」とサブタイトルを回収してきます。

 栄純は降谷と一緒に御幸から借りた本を読みあい、東条は高津から上から目線だと言われてしまいます。
 高津は「死ぬほど暴れ回ってきてやる」といい、奥村はハーフなのかと色々と疑問を持たれます。
 九鬼、加々見(?)、瀬戸、奥村の4人が二軍に入りますが、奥村は1軍に上がる腹づもりでした。

 監督は国語の授業を行い、栄純は「死んでも眠れねえ!」と気合いを入れます。
 色々な選手が御幸の元に集い、川上も読書に精を出すそうです。
 奥村は相変わらず周りと距離を取り、浅田は倉持の筋肉に驚きつつ激励されます。

 九鬼はどうして8失点もしたのに2軍に入れたのかと言いますが、東条は2回持たなかったと言い出します。
 東条は自分に出来る以上のことをしようとして自分を見失ってしまったそうですが……
 「俺はまだ、ピッチャー諦めてないから」と言ってくる東条に続き、降谷は御幸に練習に付き合ってくれと言ってきます。

 御幸は「俺はバットを振りたい気分だ」と言って栄純や降谷を連れてグラウンドにやってきました。
 「お前らはこれから俺以外のキャッチャーと組め」と言い、由井や奥村は野球に詳しいと言ってきました。
 夏の大会に向けてどんなチームが出来上がるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 本作の栄純さんと「鬼滅の刃」の善逸さんの叫びを聞くとなんだかうれしくなる私がいます。
 善逸さんと中の人が同じ川上さんの出番ももう少しあったらいいなと思うのですが……
 降谷さんは不安定な状況ですし、栄純さんが今のところは一番安定なのでしょうか。

 3年生は最後の試合まで時間がなく、競い合う時間も限られているのだと実感します。
 栄純さんと奥村さんとの絡みだけでなく、東条さんがどう食い込んでくるのかも気になります。
 1年生との交流に御幸さんの引退以降を想定しつつ、これからも行く末を見守りたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム