【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」

 かつかみの8話を見て感想を書かせていただきます。
 クロードさんの必死な姿に仕事以上のものを感じますが……
 ハンクさんは一体何処に行ってしまったようでしょうか。

【内容】
 北部は来たるべき戦いに備えて擬神兵の掃討を進め、大統領は実の息子であるクロードをこき使います。
 ライザの豊満な胸を見たシャールは愕然としつつも、今は姿を見せないシャールのことを思い浮かべます。
 シャールはベアトリスが歌っているのを発見しますが、いきなりチャールズに銃を突きつけられて困惑します。

 自分の素性を話したシャールにチャールズは政府が擬神兵に懸賞金を出しているのだと説明します。
 チャールズは酒場を経営していて、ベアトリスはそこで歌手をしていたそうですが……
 ベアトリスは戦争が始まってから歌の無力を思い知り、擬神兵として戦争を終わらせようと考えたようです。

 戦争を終わらせたベアトリスは化け物として扱われ、それももうすぐ終わりだと言ってきました。
 シャールはベアトリスと盛んに交流をし、ケインは北部との戦争に備えて要塞を築いていました。
 ベアトリスによるとハンクはタマネギが苦手らしく、もう一度舞台で歌いたかったと言ってしんみりします。

 シャールはいつかまたベアトリスの歌を聴いてくれると言いますが、帰り道でクロードが声をかけてきました。
 「不安は人を思いも寄らぬ行動に駆り立てる」といい、一刻も早く擬神兵を殲滅すべきだと言ってきましたが……
 クロードはケインこそ実の兄だと言い、擬神兵を全て始末して兄もハンクも始末すると言い出します。

 不安にかられた人々は擬神兵を調べると言ってチャールズと口論になりました。
 ベアトリスは村を離れていつかまた歌いたいと言っていましたが、ボロボロになったチャールズを見て涙を流します。
 人々が眠らされているのを見たクロードは擬神兵セイレーンの仕業だと気づきますが……

 ベアトリスは自分の歌が人々を不安から救ったと言い、クロードはベアトリスを背後から銃撃します。
 シャールはその場から離れるベアトリスを追いかけ、ベアトリスは舞台が生きる意味を教えてくれたと涙を流します。
 「聴かせてください、あなたの歌を」と言っていたらクロードの部下がベアトリスを一斉に銃撃します。

 最後に舞台で歌ってベアトリスは命を落としてしまいました。
 クロードはハンクの居場所を見つけたと言い、シャールは撃つと思っていたと言いますが……
 シャールはベアトリスは私の友達だったと言って彼女に思いをはせます。

 Cパートでは、ハンクが「心を亡くした者を討つ」と言ってかつての部下と対峙します。
 変身することが出来なくなっていた彼は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 前回はシャールさんがハンクさんに歩み寄りを見せたものの、そのハンクさんは中々出てきません。
 クロードさんの必死さが気になる一方で、シャールさんとベアトリスさんとの絡みにちょっと癒されました。
 1話限りの登場ではありますが、ベアトリスさんを演じる早見さんのお声も歌も素敵だと思います。

 ちょっと前に半ば冗談でクロードさんがケインさんの弟ではと言っていたらその通りになりました。
 ベアトリスさんが最後の最後にもう一度舞台で歌えたのは救いだと思いたいです。
 次回はようやくハンクさんが出てきますが、シャールさんの呼びかけで彼がトラウマを脱するのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム