【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第7話「愛と死」

 わかのぶの7話を見て感想を書かせていただきます。
 窮地を乗り越えても妹さんとの関係はますますこじれてしまったようですが……
 前回から登場した蔵人さんは一体何を考えているのでしょうか。

【内容】
 虫が好きな秀孝を将来を通じて守ろうとする信勝さん。
 蔵人は信勝が信長を助けようとしていると言い、母親は信長と関わりたくないと言い出します。
 「一つ私に策があります」と何やら怪しい雰囲気の蔵人でしたが……

 信長は吉乃と会いますが、吉乃は異国の商人との交流を深めているそうです。
 弟への返礼品を入手した信長は自分で持っていこうとしたものの恒興にとがめられます。
 秀孝は虫を捕まえて喜んでいて、信勝は一度兄に会おうと考え、恒興は会談の場を設けるべきと言いますが……

 蔵人は家臣は信長に不信感を抱いていると言い出し、恒興は蔵人には何か考えがあるのではと考えます。
 信勝は蔵人に憤り、自分ではなく信長が家を継ぐべきと考えますが……
 蔵人は信長を信用できないと言い、母親や他の臣下も信長を排除すべきだと言ってきました。

 信長と信勝の周囲でいざこざがある一方、義龍とその弟達もいざこざがあるようです。
 吉乃に再婚話が持ち上がっていると聞いた信長は困惑しますが……
 義龍は弟の命を奪い、信長は道三に援軍を送ると言い出し、蔵人は信長を排除するなどと言い出します。

 信勝は恒興と仲がいい秀孝に信長への手紙を渡して兄との関係改善を図ろうとしますが……
 蔵人は「これ以上ご兄弟の絆に踏み入りません」と言いながらも、内心では「兄弟の絆など要らぬ」と言ってきます。
 秀孝はホタルを追いかけていて弓を射られて命を落とし、犯人と思われる信次は遁走してしまいます。

 弟を失った信勝は涙を流し、そこに蔵人が出てきて信長が手紙を受け取るのを拒否したと言い出します。
 決断を促された信勝は兵を出すようにと命令し、信次を倒して仇を討とうとしますが……
 信長は使者を受けたものの大義のない戦をしてはならないという父の言葉を思い出して思いとどまります。

 信勝は父親の葬儀に来なかった兄に不信感を抱き、最後は蔵人の口車に乗って兄と決別します。
 Cパートで恒興はホタルを見て亡き秀孝の冥福を祈るのでした。

【感想等】
 前回は信長さんを助けた信勝さんですが、それだけで終わらないのは何かの因縁でしょうか。
 唐突に出てきた2人目の弟である秀孝さんはなかなか面白そうな人でしたが……
 蔵人さんがことさらに兄弟を対立させ、最終的に信勝さんの愛を手に入れようとしているのでしょうか。
 
 信勝さんと蔵人さんに続いて恒興さんと秀孝さんとの間にBLの波動を感じる今日この頃です。
 信次さんはとばっちりを受けた形で命を落とし、次は信長さんと信勝さんが戦うことになるようですが……
 戦いを仕組んだ蔵人さんが一体何処で仕掛けてくるのかを探りながら残りを見ていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム