【感想】僕のヒーローアカデミア(10話)「未知との遭遇」

 リアルタイムでヒロアカを見たので感想を書きます。
 文字通り「個性」的なキャラクターをあまり把握していないので、正確性はあまり保障できないです。

【内容】
 ヒーロー基礎学の授業中に現れた大量のヴィラン(敵)の目的は、「平和の象徴」オールマイトの抹殺でした。
 「一芸だけではヒーローは務まらん」とイレイザー先生が次々とヴィランを倒してゆき、その間にその場を脱出しようとする13号先生と生徒達ですが、首領と目される黒い影がたちはだかります。

 黒い空間から、水中に投げ出された出久(主人公)は、カエルの子(つゆちゃん)に助けられ、船の上に避難します。
 他の生徒もそれぞればらばらに飛ばされたもようです。
 出久は、こちらのカリキュラムを敵が知っていたことから相手が用意周到にこのときを狙っていたこと、そしてオールマイトを抹殺できるという算段があることが推測します。
 でも、そんな理由よりも、今は戦うしかありません。

 一方オールマイトは職員室(?)にいて、出て行こうとしますが、校長先生(ネズミさん?)にとめられてしまいます。

 13号先生は、委員長の飯田君に高速移動で助けを呼ぶよう指示を出し、他の生徒とともに、その間の足止めをします。

 船上の出久たちは、カエルの個性のつゆちゃんを水上に送ったことから、敵が生徒の個性を把握していないことを見抜きます。
 痺れを切らした敵は、船を一撃で叩き割りますが、「敵が勝ちを確信したときがチャンスだ」と出久はジャンプして2本の指で水上を攻撃して渦を起こして敵を一網打尽にし、その間に脱出に成功します。

【感想】
 序盤から大量の敵が攻めてくるとは恐ろしい展開だと思います。
 色々とピンチの状況ですが、ここからどう切り抜けていくか、またオールマイトさんの動向にも注目が集まります。
 さらなる出久さんの見せ場にも期待してます。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム