【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第12話「赤い彗星のシャア」

 オリジンの12話を見て感想を書かせていただきます。
 あれだけの活躍をしたシャアさんなら変なかっこうをしても何も言われないはず。
 そういえばランバさんは今頃何をされているのでしょうか。

【内容】
 ルウム会戦の勝利でジオン国内は沸き立ちます。
 デギンは連邦との交渉を望みますが、ギレンはいつまでも勝ち続けると反論します。
 「邁進あるのみ」と勇ましいことを言って去っていきますが……

 デギンはギレンを恐ろしいと言い、彼を止められるのはキシリアだけだとひと言。
 ガルマは前線に出たいと訴え、自分はシャアには負けたくないのだと訴えますが……
 戦勝祝賀会では戦果を上げた軍人達が集まりシャアには黄色い歓声が飛びます。

 ギレンは戦いは始まったばかりと言い、連邦との最終決戦に勝利しなければと訴えます。
 レビル将軍を捕虜にした「黒い三連星」よりもシャアの方が目立っていて、そこにガルマが声をかけてきました。
 ガルマはルウムの残敵を掃討すると言い、僕は僕だと訴えてきました。

 自ら前線に立ったガルマは絶叫しながら総統選を開始していました。
 捕虜の収容所ではデギンがレビル将軍と対面し、和平の算段をつけようとしていました。
 和平の使者マ・クベは美術品を次々と贋作だと見抜き、そこにキシリアがやってきました。

 デギンは戦争を終わらせるべきと言い、レビル将軍は今の自分には何も出来ないとひと言。
 キシリアは戦争は続行されなければならないと言い、マ・クベを地球に侵攻するようにと命令します。
 さらにガルマをその部下に配置すると言い、人間は本質的に戦いを望むのだと言ってきました。

 キシリアはギレンを好かないと言い、マ・クベに反発したドズルはシャアに連邦の「V作戦」の探索、破壊を命じます。
 ドズルは「ファルメル」という戦艦をシャアに与え、シャアはドレンに艦を任せてきました。
 シャアは「私は大宇宙の戦士だ」とかっこいいことを言い、ドレンは気合いを入れて訓練を開始します。

 突然たたき起こされたレビル将軍は宇宙へと移送されます。
 シャア達は(将軍を乗せた)連邦の戦艦が近づいてくるのを目の当たりにしますが……

【感想等】
 冒頭からファーストの展開を予言するかのようなセリフにはっとさせられます。
 後付けと言ってしまえばそこまでかもしれませんが……
 親友という位置づけだったガルマさんは嫉妬で闇墜ちしそうな感じがします。

 ガルマさんが前線に出るのはいいとして出来れば専用のザク2を出してほしかったです。
 ここ数回のシャアさんはザビ家への憎しみをまるで感じないのですが、それだけうまく隠しているのでしょうか。
 次回で最終回らしいのですが、最後の最後でガンダムさんを出して終わる感じかもしれません。  


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム