【アニメ感想】夏色キセキ 第9話「旅のソラのさきのさき」

 夏色キセキの9話を見て感想を書かせていただきます。
 東京だと言って喜び勇んでいたものの、現実は遙かに遠い島でした。
 紗季さんは自分の気持ちに踏ん切りをつけることが出来るのでしょうか。

【内容】
 夏海は紗季の引越に反発し、海で溺れかけた優香は一人の現地民に助けられます。
 凛子は体験ダイビングだと張り切っていたものの、現地の学校のチャイムが鳴り響いてきました。
 宿で出迎えてくれた千晴は先ほどの子(小晴)の双子の姉のようです。

 現地では診療所がずっと休みで紗季の父が来てくれるととても助かるとのこと。
 千晴から連絡を受けた現地の人は集まってきて、紗季は夏海と思わず温泉に逃げてきました。
 夏海は覗いた小晴に桶をぶつけ、紗季は御石様の親戚のおかげで透明人間になりました。

 千晴から小晴は女だと説明を受けて納得しますが、紗季は3人で海でも行ってきたらと言ってくれました。
 夕食を食べていたもののどう説明するのかと考えてしまいます。
 その夜、夏海、優香、凛子は紗季が悩んでいるのではないかと推測します。

 夏海は紗季が引越を嫌がっていると言い、自分が紗季の父親を説得すると言い出します。
 優香は「会いたければ会いに行けばいい」と言いますが、夏海はしんみりした気持ちになってしまいます。
 凛子は「離ればなれになっても友達は友達」と言いますが……

 次の日、千晴は紗季がいなくなったことを残念がり、色々なスポットを案内すると言ってました。
 紗季は筆談で行こうというので出かけ、船に乗せてもらったりお土産を買ったり動物園を見たりします。
 お父さんはどこで病院をやるのかということで一度移動することになりましたが……

 タクシーで診療所に移動すると、前の先生に思い入れのある小晴は大いに反発します。
 前の先生は体力的に限界で、教え子であったお父さんが後を引き継ぐそうです。
 千晴は「お別れはつらい」と言って涙を流し、夏海は絶対にいい先生だよと言い張ります。

 景色を見ていたら紗季が元に戻りますが、裸だったのでとりあえず服を着ます。
 紗季は天候の練習をすることになり、ややデレてきた小晴は「小晴でいい」とひと言。
 優香はさらなる思い出を作ろうといいながら島を後にするのでした。

【感想等】
 離島だと学校はどうするのかと思っていましたが、中学校は普通にあったので少し安心しました。
 中学はこちらで過ごすとして高校は下田に戻るという選択肢もありかもしれません。
 現地の事情を考えるとお父さんはしばらくはこちらに留まることになりそうですが……

 御石様の親戚が出てきてまで紗季さんが透明人間になったのは驚きでした。
 筆者の中にある「東京」のイメージからはほど遠い場所ながらも島の雰囲気はすごくよかったです。
 小晴さんの涙にもらい泣きしながらも、残り時間で一生ものの思い出を作っていきたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム