【アニメ感想】PSYCHO-PASS サイコパス 第14話「甘い毒」

 サイコパスの14話を見て感想を書かせていただきます。
 新たな犯行の裏にはラスボスこと槙島さんの計画があるようです。
 色相の色が変わらないのは先天的なものなのでしょうか。

【内容】
 ヘルメットを付けた怪しい男が言ったとおりの薬を出せと言ってきました。
 係員が断るとハサミで口を貫かれて命を落とし、次は女性がその標的になります。
 オープニングの後、公安が検分のために現地にやって来ましたが……

 朱は槙島のことを考えていて、狡噛に目の前の事件に集中しろと言われます。
 現場を見ると職員はみんな殺されていて、犯人はサイコパスが正常値のままで人殺しをしてきたそうです。
 宜野座は犯人が付けているヘルメットがサイコパスの数字を偽装しているのではと考えます。

 現行のセキュリティはスキャンを前提に設計されていて、数字が正常ならば普通の人間と判断するとのこと。
 ヘルメットの男は道を歩いていた女性を捕まえ、いきなりハンマーで殴って殺害してきました。
 機械はその一部始終を見ても何もせず、人々はそれをスマホで撮影しているようですが……
 
 宜野座は昔は人間を疑うことで秩序を保っていたと言い、今はその心構えが必要ないとのこと。
 全員が善良な人物であるという前提でこの世界が成り立っているとのことですが……
 ネットではヘルメットの男が女性を殴っている動画がアップされ、狡噛は槙島の犯罪だと断言します。

 狡噛はこの世界における「犯罪」とは何か、そしてこの事件に土台そのものを揺るがすようなものを感じます。
 槙島は「計画に修正は必要ない」と言い、大変なことはこれから起こると言っていました。
 結局は人間も機械も事件を通報せず、エリアストレス警報によって事件が発覚したとのことです。

 狡噛は犯人の反応が正常すぎると言い、周囲の目撃者と全く同じメンタルで行動していたそうです。
 範囲内の人間のうち1人でもクリアカラーの人間がいれば正常値を検出するとのこと。
 同じようにヘルメットを付けた人間が現金輸送車を襲い、宜野座は二手に分かれて追跡することに。

 狡噛、征陸と残った朱はどうしてこんなことが起こったかと考え、狡噛は犯人の動機がない方がおかしいとひと言
 師恩を通じて被害者女性の周囲をあぶり出し、気がつけば職場の同僚が浮上します。
 男は被害者女性に並々ならぬ憎しみを持っていて、部屋からずっと出られなかったようですが……

 狡噛は犯人を発見し、朱にドミネーターを突きつけつつ「手品の仕掛けがわかった」と言って追跡を開始します。
 そばにいる人間のサイコパスをコピーしていることに気づき、周辺の人間がいない状態ならばヘルメットはガラクタになるそうです。
 狡噛、征陸は執行対象になった男を捕まえましたが……

 槙島は現金輸送車を襲撃した連中に囲まれ、これは人が目を覚ますための啓蒙だったとつぶやきます。
 たちまちに3人の男を返り討ちにして、本当に嘆かわしいと言いながらとどめを刺していきます。
 これまでの多くの事件に関わってきた槙島は、一連の行動を通して何をしようとしているのでしょうか。

【感想等】
 冒頭から怪しい人が出てきたかと思ったらいきなり殺人が起こって色相が濁りそうです。
 人を傷つけても心が傷つかない人間がいるのなら、色相が濁らない人間がいてもいいのかも。
 見て見ぬ振りをする人間の姿を見て感じることは様々だと思いますが……

 次々と起こる事件を前に、お話は新たな段階を迎えたのは間違いないと思います。
 槙島さんは人間を目覚めさせることで、その本性を見極めようとしているのでしょうか。
 次回タイトル「硫黄降る街」から全く先が読めませんが最後まで何とかついていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム