【アニメ感想】ダイヤのA actⅡ 第16話「勝ってこそ」

 ダイヤのAの3期16話を見て感想を書かせていただきます。
 逆転を許してしまった降谷さんですが、その埋め合わせは栄純さんがしてくれるようです。
 再び逆転して関東大会出場を決めることが出来るのか、わたし、気になります!

【内容】
 先発の降谷が逆転を許したものの、二番手の栄純は堂々としたピッチングでピンチを切り抜けます。
 続いて打席に立った彼はバッターがいないにもかかわらずバントの構えを見せてきます。
 以前、最終回だけでもマウンドに立たせてほしいと言われ、最後まで降谷が投げたことを思い出します。
 
 「エースはそこまで信じてもらえるのかよ!」と二塁打を放つ栄純さん。
 続く金丸はバントの構えをしますが、天久は思い通りにさせるかとツーストライクに追い込んできます。
 金丸は「絶対に送ってやるからな」と言いますが、バントすらさせてもらえませんでした。

 倉持は栄純の投球は2、3点の価値があると言ったものの、天久は絶妙なコントロールを見せてきます。
 栄純も負けじと力投をつづけ、つかみきれないボールで1本のヒットも許しません。
 川上は栄純の投球を評価し、心構えを説くとともに明日の決勝は誰も諦めていないと告げるのでした。

 エースの投球を見た市大の監督は振り返れば全て天久を成長させる試練だったとひと言。
 9回の表、1点を返したものの、前園はレフトフライに打ちとられ、市大に敗北を喫してしまいます。
 降谷は選抜と別人過ぎる、甲子園で燃え尽きたかなどと言われてしまいますが……

 落合コーチの発言もあって、今後のことを考えてもうひとつの準決勝を見ることに。
 天久は栄純のボールについて聞いてきましたが、栄純は「話すことは何もないですよ」と突っぱねます。
 奥村は天久の態度に「失礼」と言い、記者は継投がうまく行けば違っていたかもとひと言。

 片岡監督が元々投手出身ということから、彼にはエースというものに並々ならぬこだわりがあるようです。
 そしてそれは「勝ってこそ」であり、もうひとつの準決勝を見届けることになるのでした。

【感想等】
 栄純さんの躍動するような投球フォームに、主人公の風格が出てきたと思える今日この頃です。
 投げて、打って、流れを作るところはやっぱり主人公なのだと思わされます。
 川上さんも先輩らしくかっこいいことをいいますし、そろそろ彼の活躍の場もほしいところです。

 降谷さんが本調子だったらという前に、一人で投げきった相手エースを褒めるべきでしょうか。
 仮に青道が勝ち残ったとしても成宮さんを打てたかかなり怪しいですが……
 次回はもうひとつの準決勝を観戦し、彼らなりに新たなヒントがつかめればいいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム