【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第2話「祝言」

 胡蝶綺の2話を見て感想を書かせていただきます。
 吉乃さんも帰蝶さんもノブナガ先生のおかげで予習済みですが……
 あちらのアニメとこちらと比べてみると面白いかもしれません。

【内容】
 信長は祝言の話が舞い込み、元服前の弟もまた女子の黄色い声が飛びます。
 相手が蝮(まむし)こと斉藤道三の娘だと聞いて困惑する信長ですが……
 お市(妹)はおはな(姉)は帰蝶はこのあたりで一番の美人だと言ってきました。

 信長は吉乃が輿入れしたと聞いてショックを受け、薄情な自分自身に腹が立つとひと言。
 見たことのない女をめとるのはしゃくに障るなどといって姿を消してしまいました。
 遠くからでは帰蝶の姿は見えませんが、道三が案外いい殿様かもしれないことがわかったのは幸いでした。

 信長はならず者に銃を突きつけつつも、持っている銃が連続して撃てないのだとつぶやきます。
 信広は信長を奪還するために兵を出すと言って周囲に止められますが……
 取り残された信長はならず者に鉢合わせますが、そこに現われた忍者に命を救われます。

 忍者は銃の暴発で倒れ、和尚は道三を煽って何かをしようとしていました。
 信長は何とか戻ってきて、帰蝶の方は「胸が痛むのです」などと言って涙を流します。
 時が流れ、信勝が元服したりしながらも信長の祝言の日がやってきました。

 信長は目の前の帰蝶が先日の忍者だと気づいていきなり叫んで周囲を困惑させます。
 自分が殺されると言いますが、恒興には誰にでも初めてがあると言われて放置されます。
 和尚は帰蝶を倒せば攻撃の口実になると言い、相手の立場になって考えろと言ってきました。

 帰蝶は父親から信長を暗殺するようにと言われていたようです。
 信長は帰蝶と2人きりになり、押し倒しながら道三は娘をどう思っているのかと問い詰めます。
 「だったら俺のそばにいろ」と言われた帰蝶は涙を流して攻略されるのでした。

【感想等】
 先日まで放送していた「どろろ」も戦国時代のお話でしたが、作風も雰囲気もまるで違っていました。
 小さな妹さんが出てきたり、お姉さんがやけに軽いノリだったり……
 元服しても勝手に飛び出したりするところは破天荒な信長さんらしいと思います。

 帰蝶さんが忍者になって出てきたのが今回の一番のサプライズでした。
 信長さん中の人が中の人だけに「死に戻り」できればよかったでしょうが、さすがにそんなわけにもいかなさそうです。
 帰蝶さんを攻略した信長さんですが、今後は吉乃さんほかのヒロインを攻略していく流れなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム