【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第12話(終)「世界で一番あつい夏」

 ハチナイの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 初戦は一進一退の攻防が続き、どちらが勝ってもおかしくない試合となりました。
 翼さん達は初戦を突破できるのか、わたし、気になります!

【内容】
 2回にはいきなり同点に追いつかれたものの、龍のファインプレーもあって踏みとどまります。
 あおいは今の清城は焦っていると言い、小也香は相手の上達を認めつつあくまで目標は優勝だと言いますが……
 オープニングの後、龍はツーベースヒットを放ち、続く伽奈も打って、そのまま逆転に成功します。

 2死3塁で打席に立った良美は大振りをして「三振は嫌だ!」と叫び出しながらもホームランを打ってきます。
 小也香は「清城はここで止まるわけにはいかない」と言いますがキャッチャーは異議を唱えます。
 廃部寸前だった野球部を復活させた小也香ではありますが、小也香一人で背負うべきではないと言い放ちます。

 「野球を楽しめ」と言われた小也香は立ち直り、その後は清城高校の反撃がはじまります。
 小也香は好投を続けてアウトの山を築き、舞子は疲れが見えてきてついに同点に追いつかれます。
 さらにはあおいが倒れてしまい、智恵をセカンドに入れ、舞子も夕姫と投手交代を要求します。

 夕姫は同じ初期メンバーの茜の声援や翼、智恵の連携もあって小也香を打ちとります。
 茜はフェンスに激突しながらもフライをキャッチし、その闘志が乗り移ったのか、ついに7回で追加点を奪います。
 2回戦で敗れたものの、9月には新たな部員が殺到し、翼の野球やろうよのひと言で締めくくるのでした。

【感想等】
 かつての名作「大正野球娘」の後継者と言っても過言ではない作品でした。
 キャラクターは可愛く、優しい世界観は癒しであり、なおかつストーリーもしっかりしていたと思います。
 野球描写だけなら他の作品が上なのかもしれませんが、合わせ技で一本を取る感じかと。

 主人公サイドだけでなくて相手校の清城高校もしっかり描写され、親近感を持たせたのはよかったです。
 観客席がまばらなのが現在の女子野球の状況だと思うとちょっと複雑な気持ちになりますが……
 翼さん達のような熱い試合が続けば、きっと男子と同じような人気を得ることができると思いたいです。

 控えメンバーを含めて全員にちゃんと出番があり、特に茜さんがフェンスに激突しながらもキャッチしたところは驚きました。
 惜しくもアニメは12話で終わりましたが、まだまだ先が楽しみな作品であることも事実でした。
 「おれたたエンド」で終わらせるには惜しいですし、是非とも2期を作って全国制覇までガンバってほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム