【アニメ感想】ワンパンマン 第24話「弟子の尻拭い」

 ワンパンマンの2期最終回もとい24話を見て感想を書かせていただきます。
 ガロウさんとバングさんとの戦いでどうやら終わりになってしまうようです。
 怪人教会を倒して2期が終わる……と推測していたのはあまり考えないでほしいです。

【内容】
 バングはかつての弟子であるガロウに激しい一撃を浴びせ、そのままとどめを刺そうとします。
 お兄ちゃんは怪人を倒してあとはガロウだけだと言って追い込んでいきますが……
 怪人教会はガロウは絶望的だと分析し、ガロウは容赦ない一撃を受けながら過去のことを思い出します。

 幼少期のガロウは「お前が怪人になれ」と言われていじめを受けたことを思い出します。
 ガロウはたっちゃんに反撃したらどう責任を取るんだと先生に怒られます。
 怪人役を強いられるヒーローごっこに理不尽さを感じたガロウは足蹴にされて反旗を翻したそうです。

 最後の意地を見せたガロウはその拳で地面を割り、そこに怪人教会の鳥人間(?)が出ていって彼を連れていきます。
 ジェノスはガロウを撃ち落とそうとしますが、ムカデ長老が出てきてその攻撃を受け止めてきました。
 バング達は巻き込まれたヒーローを救助し、そのまま「大災害そのもの」と言われるムカデ長老と戦おうとしますが……

 ムカデ長老と互角に戦えるのはタツマキ、メタルナイト、キング、ブラストの4人だけであるとのこと。
 ブラストに復讐するために怪人教会に入ったムカデ長老はバング達を全滅させるとのことですが……
 バングはお兄ちゃんと攻撃を仕掛けてムカデ長老は粉みじんにはじけ飛ぶ……はずでした。

 ムカデ長老は脱皮して攻撃を切り抜け、ジェノスは自分がムカデ長老と戦うと言ってきました。
 ジェノスはムカデ長老に体を真っ二つにされながらも、再びくっついて必殺の一撃を浴びせていきました。
 内部からの攻撃でムカデ長老は今度こそ倒されたかと思われましたが……

 ガロウは「こんな決着は不本意なだけだ」といい、自分が恐怖の象徴になると言っていました。
 バングはジェノスを背負って逃げていき、ジェノスは自分は見ていることしか出来ないのかとつぶやきます。
 キングはブラストを連れてきたと言ってムカデ長老を挑発し、最後はサイタマが一撃で長老を粉砕します。

 ジェノスは自分に足りないものは何かと聞き、サイタマは「パワーじゃないの?」とひと言。
 サイタマは「帰るか」といい、オープニングテーマが流れますが……
 そして、ガロウは怪人教会へと連れていかれてどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 2期はキングさんのお話でもあり、ガロウさんのお話でもあった……のかもしれません。
 バングさんが強いのは知っていたものの、ここまで強いとは想定外でした。
 ガロウさんの過去はいじめとしか言いようがなく、彼が憤る気持ちはわからなくもありません。

 ムカデ長老さんが2期のラスボスとなり、怪人教会は(あれば)3期にお預けとなってしまいました。
 サイタマさんは相変わらず圧倒的に強く、彼なら怪人教会だろうと誰でも倒せると思いますが……
 3期があるとしてガロウさんが怪人細胞を食べさせられて戦うことになったりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム