【感想】僕のヒーローアカデミア(9話)「いいぞガンバレ飯田くん!」

 リアルタイムでヒロアカ9話を見たので感想を書きます。
 飯田君の委員長就任、やっぱり来るところに来たという感じがします。

【内容】
 オールマイトの雄英高校の教員就任は人々に知られることになり、学校の前にはマスコミがたむろして取材を求めていきます。
 しかし、学校には関係者以外立ち入れない仕掛けがなされており、マスコミはシャットアウトされてしまいます。

 学校の中では、学級委員長をどうするか話し合いがもたれていました。
 ヒーローを目指す生徒にとっては委員長は誰もがやりたいポジションとのことで、出久を含めて皆さん元気に立候補します。
 飯田君の「投票で決めよう」との一言で各自投票すると、出久が3票を取り委員長に就任することになりました。

 学食で話をする出久、お茶子、飯田君ほかの皆さん。
 飯田君は自分はやりたかったが、あえて出久がふさわしいと思って投票したとのことでした。
 その飯田君の実家は代々ヒーローを輩出している名門で、彼はそのお兄さんにあこがれているようです。

 突然サイレンが鳴り、侵入者が学校に侵入したとのことで生徒はパニックに陥ります。
 侵入者がマスコミだと気づいた飯田君は、お茶子に個性で体をうかせてもらい、ブーストして出口の前に立ち、騒ぎを収めます。
 その光景を見た出久は、自分よりも飯田君が委員長にふさわしい人だと指名し、飯田君がはれて委員長に就任します。
 しかし、気になるのはマスコミ自体にバリケードを破る力はなく、何者かが手引きしたという事実です。

 次の日、出勤中にヴィランを倒したオールマイトですが、出久に個性を渡した影響などでこれまでより活動限界が短くなっていることを自覚します。

 今日のヒーロー基礎学は「救助訓練」とのことで、生徒はバスに乗って演習場に移動します(飯田君が早速引率に張り切っているもようです)。
 バスの中では活発な議論がもたれ、あのかっちゃんがいじられているところに、雄英のすごさを実感する出久なのでした。

 たどり着いたのは巨大なドームで、中にはさまざまな災害に対応した研修施設「USJ」が広がっていました。
 今回の演習を担当する13号先生は、災害救助に長けた有名な方らしいです。
 先生がいうには、ヒーローの個性は一つ間違えば人を殺しかねない力であり、その力を人命を救うためにどう使うのか考えてほしいとのことです。

 いよいよ演習が始まるといったその時、演習場に、ヴィランの大群が現れます。

【感想】
 出久さんが委員長就任というのは中々斬新な感じでしたが、結局それらしい人に納まったといった感じです。
 飯田君、第一印象は余りよくなかった気がしますが、真面目な感じで、学級委員長に典型的なキャラクターだという印象を受けます。
 出久さんを評価していたところもかなりポイントが高いです。
 そこに気づくとは、やはり天才なのでしょうか。

 最後のヴィラン襲撃について。
 マスコミに手引きしたもの、きっと今回のヴィランの仕業なのだろうと思われます。
 先生も強いのでしょうが、次回は先生があっけなくヴィランを全滅させる展開ではなく、おそらく生徒の誰かが人質にでも取られてしまって、出久さんや他の生徒にも見せ場があるのかもしれません。

 余談ですが、研修施設の名称「USJ」とは、大阪にある某テーマパークさんには怒られないのでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム