【アニメ感想】この音とまれ! 第13話「久遠」

 この音の1クール目最終回にあたる13話を見て感想を書きます。
 次々と強豪が演奏し、さらには突然のアクシデントで愛さんが手を怪我してしまいます。
 絶体絶命の状況の中、彼らはどんな結論に至るのでしょうか。

【内容】
 倒れた箏からさとわをかばった愛は手を怪我してしまいました。
 慌てふためく妃呂を前に、武蔵は「思い切り楽しめばいい」と言ってきました。
 滝浪先生は愛の怪我を見抜いて「ちょっと来い」と彼を連れ出しますが……

 オープニングの後、先生は全国がかかった演奏でもないと言って出場を辞退しろと言い放ちます。
 愛は「あいつらと弾くの楽しいんだよ!」と叫び、手のことを言ったらぶっとばすと言って出て行きました。
 武蔵はその会話を聞いてしまい、先生は僕たちのことを試しているんですかと問いかけます。

 戻ってこいと言われた愛は朝食にあたっていけないと言ってぶっつけ本番に託すことに。
 愛はおばあさんのことを思い出して「ちゃんとした手で弾きてぇ」と嘆いていました。
 さとわは「本番前に体調を崩すとか気合いが足りないんですよ」と言っていましたが内心では心配していました。

 先生は文句を言いながらも箏を運び、武蔵は本番ぎりぎりで愛の怪我のことを告白しようとしますが……
 ギリギリでやってきた愛は「お前抜きなんてありえない」「腹痛ぐらい気合いでなんとかしなさい」と言われました。
 武蔵は愛の気持ちを察して「今までで一番の演奏にしよう!」と気合いを入れます。

 先生は必死に練習する皆さんの姿を見て「いつまで傍観者でいるの?」という姉の言葉を思い出していました。
 かずさは愛を非難しつつもさとわに目を輝かせ、桜介は愛の音色はどんなのかと興味を持っていました。
 それぞれの思いを胸に舞台へと上がる生徒を見て、先生は後悔しなければいいけどなとひと言。

 いよいよ「久遠」の演奏が始まり、ライバルもその演奏を一喜一憂しながら見ていました。
 愛は痛恨のミスをしてしまい、さとわは自分をかばったせいで愛が怪我をしたと知って動揺します。
 目に見えてひどい演奏になってしまいますが、コータの演奏と涙で調子が戻ってきました。

 愛は「俺は一人じゃない」「足りない音は誰かが埋めてくれる」とソロ演奏を見事にこなしてきました。
 さとわも調子を取り戻し、全員の息の合った演奏は周囲を戦慄させるには十分でした。
 先生は姉の言葉を思い出して心を揺さぶられ、長くて短かった演奏は終わりを迎えるのでした。

【感想等】
 愛さんの怪我に我を忘れそうになりましたが、武蔵さんのひと言に救われたような気がします。
 妃呂さんと武蔵さんがいいムードになる反面、コータさんのことがちょっと気になってしまいますが……
 1クール目では先生の真意が読めませんでしたが、2クール目だと指導者として脱皮するのでしょうか。

 色々と波乱を含みながらも、1期最終回にふさわしい堂々としたお話だったと思います。
 途中の失敗から立ち直るところはライバルに実力を示すには十分過ぎたと思います。
 コータさんが初心者だということを考えると、相当の練習を積み重ねたのだろうと考えずにはいられません。

 愛さんのソロパートからさとわさんが調子を取り戻すところではもう聴き入るしか出来ませんでした。
 「現実に打ちのめされて」もその先に進む皆さんの姿に、気づいたら最後は涙まで出てきてしまいました。
 2クール目は改めて全国の強豪と戦うと思いますが、念願の全国制覇までがんばってほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム