【アニメ感想】文豪ストレイドッグス 第37話(終)「回向(ECHO)」

 文ストの3期最終回(37話)を見て感想を書かせていただきます。
 フョードルさんの登場から、あっという間に最終回になってしまった感じがします。
 どう見ても1話で彼と決着を付けるのは難しそうですが……

【内容】
 プシュキンはイワンに連絡を取りますが、イワンは主以外を守るつもりはありませんでした。
 敦、龍之介がトロッコでプシュキンを追いかけ、治はフョードルは私に任せろと連絡してきました。
 トロッコを爆破された敦は虎の手足になって龍之介を乗せて(互いに暴言を吐きながら)敵の攻撃をかわしていきます。

 プシュキンはトロッコで逃走し、イワンは岩のゴーレムを伴って登場して敦達の前に立ちはだかります。
 潤一郎と賢治は敵を探っていましたが、治はあくまで本命だけを狙う方針でした。
 ゴーレムは敦に一撃を与え、敦は本体を狙うしかないと考え、龍之介とのコンビネーションでイワンを追い込みます。

 イワンは岩で全方位を防御し、龍之介は背後からイワンを貫きますが、それは本体ではありませんでした。
 ゴーレムの中から本物のイワンが現われ、敦はウイルスに感染してしまいました。
 治は帽子で顔を隠した登山客をフョードルだと考えましたが、それは手錠と爆弾をはめられたただの登山客でした。

 底なし沼にとらわれた敦を前に、龍之介は何のために戦うのかと問いかけてきました。
 龍之介は「貴様なりにあがいて答えを出してみろ」と言って敦を救出し、空間から現われた敦がイワンを襲います。
 虎の爪には異能を裂く能力があるそうで、2人の合体技でゴーレムごとイワンを倒しきります。

 プシュキンは逃げおおせたかと思いましたが、ポートマフィアや諭吉に取り囲まれて土下座するしかありませんでした。
 鴎外と諭吉は仲良くプシュキンを殴り飛ばしますが、アジトにはフョードルの姿は見られませんでした。
 フョードルははじめからアジトを訪れてすらおらず、ラジオの音楽リクエストが部下に対する命令になっていたとのこと。

 治やフランシスがフョードルの前に現われ、安吾達が(1人を犠牲にしながらも)フョードルを拘束して去っていきました。
 命令違反をした潤一郎達がクビを恐れていましたが、諭吉は部下達の働きに感謝するとひと言。
 敦は龍之介との相性の悪さに愚痴をこぼしながらも6ヶ月後の再戦のために強くなると宣言します。

 最後は敦、治が「ストレイドッグ」に乾杯して3期37話のお話を一旦締めくくるのでした。

【感想等】
 回想のお話も好きなお話ではありますが、3期はあっという間に終わってしまったような気がします。
 トロッコというとドラクエ5やらスーパードンキーコングやらを思い出すのは私だけかも。
 やつがれさんこと龍之介さんが敦さんに乗って暴言を吐きながらも意外と息が合っているところがすごく好きです。

 ここまで微妙だった龍之介さんはしっかり活躍し、敦さんも主人公らしい活躍を見せてくれました。
 鴎外さんと諭吉さんが仲良くプシュキンさんを殴るシーンも素敵すぎました。
 CV石田さんとクラシック音楽というとかつての「クラシカロイド」を連想しますが……

 全て敵の思惑どおりかと思ったら、治さんがフョードルさんの前に現われたのはすごくかっこよかったです。
 フョードルさんが捕まって一区切りついたものの、相手の異能を含めて多くの謎が残りました。
 1期2期のような分割2クールではなかったようですが、できるだけ早い段階での4期放送を希望したいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム