【アニメ感想】ダイヤのA actⅡ 第13話「先攻」

 ダイヤのAの3期13話を見て感想を書かせていただきます。
 準決勝で市大三高とぶつかり、ここからが正念場という感じがします。
 甲子園で培った経験がどこまで彼らに通用するのでしょうか。

【内容】
 降谷は「あの日以上のピッチング」を手に入れたいと言って気合いを見せます。
 御幸は栄純の球を受けると言い、投手という生き物は難しくて面白いと言ってきました。 
 栄純のボールを受けた奥村は何かを感じたらしく、プロテクターを付けてきました。

 御幸は降谷と栄純とが同じ学年でよかったとつぶやきます。
 奥村は栄純のボールを「悪くない」と言い、元々の評価も悪くはなかったようです。
 栄純は握りを変えるだけで変化して今の形に持ってきたそうです。

 「甲子園を経験したのはお前だけじゃない」と栄純の成長を実感する御幸さん。
 場面が変わって市大三高では黙々とバットを振る場面で、天久ですら投げるのが嫌な相手なのだとか。
 同校の監督は夏、秋の敗戦がチームを強くしてくれたと言っていましたが……
 
 片岡監督は降谷のメモを見ていたと思ったら、あっという間に市大三高との試合になりました。
 青道は先攻となり、降谷が先発とあっては興奮しないわけにはいきませんでした。
 奥村は栄純のボールを取ることが出来なかったことを未だに根に持っているようです。

 栄純は降谷がいつへまをやるかもしれないから準備するなどと言っていました。
 三高が左バッターが多いだけに栄純の先発も予想されていましたが……
 監督は前日に「ここから先の試合は全て夏に繋がっている」と決起を促していました。

 一回の表、立ち上がりが決して良くない天久を攻略して降谷を「援護」したいところです。
 先頭バッターの倉持は初球を打ち返し、東条はすかさず送りバントで3塁へと送ります。
 そして、クリーンナップの打席へと映りますが……

【感想等】
 「投手という生き物は難しくて面白い」という的を得た言葉が印象に残りました。
 降谷さんの剛速球ばかりが目を引く一方で、栄純さんも色々なボールを投げて対抗(?)してきました。
 登場当初は険悪だった奥村さんとはいいバッテリーになるのかもしれません。

 先の試合を見ても天久さんは相当の強敵ですが、立ち上がりはどんな名選手でも難しいかと。
 ここで先取点を奪うか相手が踏みとどまるかで今後の試合を大きく左右しそうです。
 次回タイトルが「気配」とのことですが、これだけでは何のことなのか予想できません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム