【アニメ感想】ちはやふる 第25首(終)「もれいづるつきのかげのさやけさ」

 ちはやさんの1期最終回もとい25話を見て感想を書かせていただきます。
 名人という最強の敵(?)の戦いぶりに衝撃を受ける一同ですが……
 あまりにも強すぎるその実力を見て、千早さんはこれをどう今後に生かしていくのでしょうか。

【内容】
 28もの一字決まりを持つ名人「周防」に全国各地から注目が集まります。
 挑戦者は全く相手にならず、新は名人だった祖父のことを思い出しながらイメージを浮かべていました。
 瞬く間に周防は4連覇を達成してしまい、詩暢はかつての恩師に声をかけられます。
 
 帰路につくカルタ部の一同は言葉を失い、千早は圧倒的な強さを見て無理だとつぶやきます。
 机くんは千早にも20枚の一字決まりがあると言ってきましたが……
 太一はモチベーションを失いながらも新に電話をかけ、新は周防の配置を分析していました。

 村尾が新の前に現われて練習相手になると言い、千早は机くんのアドバイスを受けて動き出します。
 奏は「思いがあればカケラでも歌みたい」と言いつつ、自分は専任読手になって千早のクイーン戦を読むと言っていましたが……
 専任読手はA級選手でなければならないと言われて無理、無理とつぶやいてしまいます。
 
 「相手でも早く取る方法はいくらでもある」と新のアドバイスを胸に素振りを繰り返す太一さん。
 自分が勝ったら千早の部屋にあるダディベアを全部燃やすなどと言ってきました。
 奏は読み方一つに難しさを感じつつも、憧れを消すことなんてないと言い出します。

 吹奏楽部がカルタ部の部室を奪おうとしますが、顧問の先生は頑強に抵抗します。
 先生は新入部員が殺到すると言い出し、流れで来年度新入部員が5人入ったら現状維持だと言ってきました。
 2年生に上がった千早はジャージ姿でカルタ部の勧誘をして1話のように先生に怒られるのでした。

【感想等】
 最終回で改めてオープニングを聴くと、これまでのことが思い出されます。
 詩暢さんがベジータさんなら周防さんはフリーザ様並みの強さと言ってもいいのかもしれません。
 千早さんにとっては太一さんのお母さんがもっと苦手なのかもしれませんが……

 孤高を貫く周防さんや詩暢さんと、仲間と共に強くなろうとする千早さんという感じでしょうか。
 奏さんの通ったお声、ますます必死になる太一さんのドSぶり、顧問の先生の必死さが素敵でした。
 明日からは2期を見ていきますが、新入部員5人が集まるのかどうか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム