【アニメ感想】どろろ 第24話(終)「どろろと百鬼丸」

 どろろの最終回(24話)を見て感想を書かせていただきます。
 悲しい兄弟対決はもはや避けられず、どちらかが死ななければならないのでしょうか。
 そして、百鬼丸さんは長い旅の果てに一体何を見るのでしょうか。

【内容】
 縫の方は琵琶丸とともに移動する一方、百鬼丸と多宝丸は激しい戦いを繰り広げます。
 多宝丸は「ここには貴様の思い出など刻まれていない!」と言いながらも何か満ち足りないものを感じていました。
 どろろは抜け道を通って移動してきた縫の方に「あの子のそばにいてください」と言われます。

 寿海は「親子とは似るものだ」と言って縫の方を引き上げ、兄弟の戦いはますます激しさを増します。
 百鬼丸は「お前も同じだ」と言ってわざと攻撃を外し、多宝丸は鬼神に取り込まれながらも百鬼丸に両目を返します。
 全てを取り戻した百鬼丸は現われた鬼神を倒したようですが……

 縫の方は倒れた百鬼丸を抱きしめ、寿海はその体に鬼ではなく人を宿せと言ってきました。
 百鬼丸は母親の姿を目の当たりにしますが、すぐに周囲は火に包まれてしまいました。
 どろろは百鬼丸を連れて脱出し、縫の方は多宝丸を抱きしめてそのまま運命を共にします。

 百鬼丸はどろろを「綺麗だ」と言い、景光は妻子を失ったと知っても朝倉の軍へと向かっていきました。
 どろろは武士の力も鬼神の力も借りず、金の力で民が自らの力で国を作るという考えに至ります。
 琵琶丸は自分が侍の側だから思いつかなかったと言い、百鬼丸は「確かめるものがある」と言って出て行ったそうです。

 お堂にいた景光は「この国は終わらせん」と言い、この地獄に留まると言ってきました。
 百鬼丸は景光に刃を向けるも命を奪わず、琵琶丸は百鬼丸はようやく人として歩き始めたのだとつぶやきます。
 そして、百鬼丸は「俺の行く道はそこじゃない」「俺は人だ」と言って去っていきました。

 百鬼丸とどろろの進む道は血だるまだけではないと考える琵琶丸さん。
 女性として成長したどろろは百鬼丸へと向かっていきますが……

【感想等】
 「救いなどない」という歌詞の一節からそういう展開を予想しながら見てました。
 大切なものを取り戻すために戦う2人が「同じだ」と言うところでちょっと泣いてしまいました。
 十中八九、多宝丸さんを手にかけて目を取り戻すとばかり思っていたのですが……

 弟さんが亡くなるのは想定内でしたが、最後に和解できたのは救いだったと思いたいです。
 民の力で自ら国を作るという発想は日本においてはまだ早すぎる考えなのかもしれません。
 弟さんだけでなく父親も殺さずに「人」として決着を付けたのはよかったと思います。

 1話放送時点では一度スルーしかけたものの、最後まで見たのはよかったと思います。
 ミオさんのお話では精神的にショックが大きすぎましたが……
 これだけの作品を生み出した関係者各位に感謝を抱きつつ、今後もまた色々な作品を見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム