【アニメ感想】真夜中のオカルト公務員 第12話(終)「新宿区夜間地域交流課」

 オカルト公務員の最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 謎のおじいさんを助けることを通じて自分の仕事を再認識するようですが……
 キャストの豪華さやストーリーなど、今季アニメの中で隠れた傑作だったと思います。

【内容】
 新は一人のアナザーを発見しますが、彼は記憶喪失になっているようです。
 とりあえず区役所にこのアナザーを連れてきましたが、依代の石像が壊れて困っているようです。
 セオは大学に石像の分析を依頼する一方、京一は姉の進路相談で忙しいそうです。

 ハチミツを持ってこいと言われた新は言うとおりにし、アナザーはそれを飲もうとして頭からかぶってしまいます。
 セオは依代のないアナザーの滞在場所を準備しなければならないと言い、新は仕方ないので自宅に連れていきます。
 ユキや琥珀が出ていく一方、京一の姉は妹として日常生活を送っているようです。

 新はアナザーの世話をしながら新しい依代を探しているようです。
 アナザーが元気を取り戻す一方で新はだんだん疲れてきていて周囲に心配されます。
 神社を気に入ったアナザーでしたがそこにはすでに別の神様が住んでいました。

 新は過労で倒れてしまい、セオはアナザーが新の体力を奪っているのではと考えます。
 責任を感じたアナザーは自ら立ち去ろうとしますが新はそれを止めて仕事を再開しようとします。
 新はアナザーにハチミツを与え、アナザーはこのハチミツを知っているかもしれないと言ってきます。

 故郷のハチミツをなめ、涙を流して感動するアナザーさん。
 ハチミツの原産地はウクライナであり、アナザーの正体は「ボーラス」という神様でした。
 課長は博物館のウクライナ展のチケットを持ってきて、ボーラスは展示品の像を依代にすることになりました。

 ボーラスは新に感謝しつつ、収蔵品とともに移動していきました。
 入れ替わりで戻ってきたユキや琥珀でしたが、新が体力を失っているのを心配します。
 新は奇妙な同居人と会話を交わしながら、職務内容の解説をしてお話を締めくくるのでした。 

【感想等】
 悟さんとの因縁を残しながらも1クールでアニメは終わり……ということらしいです。
 課長さんがルーマニア出張をしていたから吸血鬼の話題が出るというお話もありましたが……
 京一さんのお姉さんはちゃんと学校生活を送れているのかちょっと心配になります。

 改めて、都内に一軒家を持ち、区役所の公務員をやっている新さんはかなり恵まれているように思えます。
 毎日外回りしていたら吸われなくても体力もなくなってくるような気がします。
 仕事熱心な新さんと律儀なアナザーさんは仕事を抜きにしてもどこか気が合う感じがしました。

 アナザーさんもといボーラスさんの言葉の一つ一つが深かったです。
 物語の舞台になった地で、こうして最終回を見たのはもしかしたら運命だったのかもしれません。
 2期があれば聖地巡礼できたらと思いつつ、一旦は筆を置かせていただこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム