【アニメ感想】ちはやふる 第23首「しろきをみればよぞふけにける」

 ちはやさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 前クイーンの由美さんに負けた千早さんですが……
 新さんともどもまた新たな一歩を踏み出した……のでしょうか。

【内容】
 千早は前クイーンの由美に敗北し、勝った方の由美は師匠の期待に重たいものを感じていました。
 須藤はロッカーに引きこもった千早を追い詰めるように千早を坊主にしろと言ってきましたが……
 原田先生は自分が須藤に勝ったら千早を坊主にする約束はなくなるのかと言ってきました。

 太一は新が三回戦に勝ったと言い、予選が終わったらメアドを教えると言ってきました。
 原田先生も須藤も3海戦を勝ち上がり、ついに直接対決になりましたが……
 太一は一生懸命にやって負けた悔しさを理解しつつも新にしかなんとかできないのではと考えます。

 千早は太一に試合を見ておけと言い、彼の手を取って試合会場へと向かっていきます。
 太一は千早が好きだと自覚し、原田先生は決死の表情で須藤を下したものの坊主のことを忘れていました。
 須藤は原田先生を「熊」だと言い、先生は試合の後、礼をしなかった千早をとがめます。

 原田先生は準決勝で惜敗し、ヒロシと由美がそれぞれ東日本の代表となりました。
 新は西日本予選を4回戦で敗北したようですが……
 千早は他校の男子に声をかけられ、これを逃したら二度と相手がいないかもと焦っていました。

 太一は「千早は経験しないとわからない」「カルタを知らない男と付き合うのは無理」と断言します。
 そうかと思ったら着信拒否にして「明日から俺と同じ電車に乗れ」と言ってきました。
 一方、新は自分が長らく試合から離れていたことを反省し、子供相手にも本気で挑んできました。

 新は兄弟子の村尾に練習に来いと言いますが、村尾は自分では練習相手になれないと言ってきました。
 「長く離れていたら名人を目指せなくなる」と言ってくる新に「俺はもうそのレベルじゃない」とひと言。
 そして、奏は名人・クイーンへの挑戦者を決定する試合では袴着用だと言って喜んでいました。

 ヒロシは自分が勝てたのは原田先生が相手を疲れさせたおかげだと言い、千早は真剣な表情でその様子を見つめます。
 福井では新が挑戦者が決まったと言う報を聞き、負けたヒロシは汗がびしょびしょで気持ち悪いと言っていましたが……
 悔し涙を流すヒロシの姿を見て、千早はさらに気合いを入れますが、同級生に色々と心配されます。

 打ち上げに参加させられた千早はクラスメイトから質問攻めにされます。
 登山部や茶道部の話を聞いているかと思ったら、太一はなぜか参加者のうち男子が自分だけでした。
 千早は部のみんながここにいたらいいなと目を輝かせ、机くんはそれは家族と同じだと言ってきました。

 そして、千早は新に電話をかけたものの携帯電話はカササギみたいだと言い出します。
 新はカササギって何だと思いますが……

【感想等】
 千早さんをかばって須藤さんに絡む原田先生がとにかくかっこよすぎました。
 一方で、中の人である石塚さん(故人)のお声をもう聞くことが出来ないと思うと複雑な気持ちになります。
 ガンダム00のセルゲイさんが「荒熊」という異名を持っていたのはただの偶然だと思いますが……

 常に千早さんを気遣う太一さんですが、少しずつ前進してきたのはよかったです。
 新さんもお名前どおり「新た」な一歩を踏み出したようですが、まだまだ先は長いのかもしれません。
 1期は残り2話になりましたが、どんな風にお話を締めくくるのか、色々な意味で気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム