【アニメ感想】文豪ストレイドッグス 第36話「共喰い(其の三)」

 文ストの36話を見て感想を書かせていただきます。
 両軍のボスが一騎打ちになり、激しい攻防が繰り広げられることに。
 残り2話でフョードルさんとの決着までやれるのでしょうか。

【内容】
 「相変わらず悪趣味な異能だ」とつぶやく諭吉さん。
 抜刀で鴎外の攻撃をいなした彼は元々は政府最強の暗殺剣士でした。
 お話が過去に遡り、鴎外は闇医者で診療の真っ最中でした。

 諭吉は漱石の指示で鴎外の元にやって来ていました。
 鴎外は敵味方関係なく医療を施していて、その際に色々な情報が入ってくるようです。
 ならず者は鴎外から情報を引き出そうとしていましたが……

 諭吉は外にいたならず者を倒し、鴎外もまた敵をやっつけてしまいます。
 捕まったふりをして敵の情報を聞き出したのは漱石の作戦どおりでした。
 治によると漱石は武装探偵者設立の後ろ盾で最強の能力者らしいです。

 敵組織を壊滅させた諭吉ですが、根源たるポートマフィアがいる限りお話は終わりませんでした。
 鴎外は「三刻構想」に乗ると言っていましたが……
 再び時系列は現代に戻り、諭吉は「これが三刻構想の終焉か……」とひと言。

 国とポートマフィア、そして武装探偵者が街を守ることこそが三刻構想でした。
 鴎外は諭吉が死ねば構想が終焉し、自分が死ねばもっと血なまぐさいことになるとのこと。
 独歩は花袋がくるまった布団は「よしこ」ではなく防弾装備の布団であったそうです。

 諭吉は鴎外に倒されますが、その前に現われた猫こそが夏目漱石でした。
 漱石は花袋が敵アジトを発見したと言い、すでに部下には情報を与えているとのことです。
 敦は龍之介との共闘に疑問を抱きますが、龍之介は大人しくそれを聞き入れます。

 敵のアジトを発見した龍之介は先行し、今回の戦いは自分の力を治に示すためのものだと言っていました。
 容赦なく敦を殺そうとした龍之介に、敦は治が見捨てて当然だと言いますが……
 すんなりと刃を収めた龍之介でしたが、彼らの前には敵の見張りらしい敵が現われます。

 龍之介は羅生門で敵を拘束しましたが、敵はボスの情報を全く持っていないようです。
 ロックの話を聞いた敦は花袋ならなんとかなるのではと考え、龍之介はそのまま敵を抱き込みます。
 フョードルは両組織のボスが生死不明と聞き、報告した部下を用済みといわんばかりに処分します。

 花袋は扉のロックを解除しようとしますが、敦はどうして自分と龍之介が組むことになったのかと考えます。
 敦は正しいことをなすべきだといい、花袋は敦達の後ろにウイルス異能力者のプシュキンがいることを示します。
 トロッコに乗って逃げていくプシュキンを追いかける敦でしたが龍之介がウイルスに冒されてしまいます。

【感想等】
 鴎外さんと諭吉さんとの間にはただならぬ因縁があるのは明らかでした。
 どこか治さんと龍之介さんに似たような雰囲気を感じるのは私だけではない……はず。
 微妙にナオミさんが出ることとともに花袋さんが生きていたと聞いて安心しました。

 「吾輩は猫である」という作品を考えると、漱石さんが猫さんというのは想定内でした。
 少し前まで敦さんとやつがれさんこと龍之介さんが共闘しないかと言っていたのでこの展開は願ったり叶ったりでした。
 敵がトロッコで逃げるのは芥川さんの「トロッコ」(SAOの原作7巻とアニメ2期で知りました)だからなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム