【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第24話「異世界の守護者」

 盾の勇者の24話を見て感想を書かせていただきます。
 迫ってくる第3の波と対峙することになった尚文さん達ですが……
 大方の予想が正しければラルクさん達は尚文さん達の敵……なのでしょうか。

【内容】
 地下神殿で波の到来を示す砂時計を発見した尚文達は急ピッチで波に対する準備を続けます。
 次の波が来るまで2日と迫り、話を聞いた女王はすぐに準備をしてくれました。
 クズ王(原文ママ)とは違って女王の手際は早く、すぐに大規模な艦隊を準備してくれました。

 女王とともにメルティもやってきて、親友のフィーロもとても喜んでいました。
 島の住民の避難はすでに終わっていましたが、相変わらず勇者達は共闘とはほど遠いようです。
 カルミラ島で行動を共にしたラルクやテリスも艦隊に加わっているのは心強いですが……

 濃縮された酒を爆弾に使い、動きを止めた魔物を各個撃破していくことに。
 大きなツノを持った魚がやってきて船を沈めてきますが、尚文はフィーロとともに水中に潜って対処します。
 しかし、3人の勇者はほとんど役に立たず、尚文達が孤軍奮闘するしかありませんでした。

 半魚人(?)が船の上に上がってきて人々を襲い、メルティが海に引きずり込まれそうになります。
 そこに助けに現われたのは巨大な鎌を持ったラルクであり、圧倒的な実力で敵をやっつけていきました。
 ラルクは「まずはこいつを倒さなければ」と意味深なことを言って尚文と共闘してボスを倒します。

 尚文はたちまちにボスを倒したラルクを称賛し、遅れてやってきた3人の勇者はドロップ品を回収しにやってきました。
 ラルクは「こんな弱っちい奴らが勇者だと?」と言って攻撃をしてきて、自分達の世界のために死んでくれと言ってきました。
 彼らは「異世界の」勇者であり、危機を防ぐためには負けるわけにはいかないそうです。

 女王はラルクを攻撃させようとし、元康や樹、錬が攻撃しますが、全く相手になっていませんでした。
 ラルクは尚文、ラフタリア、フィーロの3人を同時に相手し、女王は負傷者の救助に追われ、メルティは尚文のもとへ向かいます。
 尚文はラルクの攻撃が防御力「比例」攻撃だと気づき、ラルクは正々堂々と手の内を示してきました。

 メルティは「こんな奴らさっさとやっつけて帰りましょう」と言い、尚文もまた自分の手の内を晒してきました。
 テリスとはメルティが戦い、尚文は敵の攻撃を防ぎつつ設置型の罠でラルク達を追い込んでいきますが……
 ラルクは尚文との戦いを楽しんでいるらしく、さらにグラスまでがやってきて攻撃を仕掛けてきました。

 グラスは尚文がまだ本気ではないと言い、自分の手で確実に尚文を仕留めると言いますが……

【感想等】
 1クール目の山場は第2の波であったように、2クール目の山場もまた波ということでしょうか。
 女王様の手際の良さはプラス材料ですが、まだまだ勇者達の共闘は難しいようです。
 公式サイトにははっきり「三勇者は相変わらず役に立たず」などと書かれていたりしますし……

 ラルクさんと尚文さん達の共闘は胸が熱くなり、その後の彼らとの戦いには胸が苦しくなります。
 さらにはグラスさんまでやってきますが、尚文さんもまだ本気を出していない……のでしょうか。
 次回サブタイトルがタイトルそのままだったので最終回だと思いますが、出来ることなら2期、3期と続いてほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

お互いに譲れないもの

こんばんはです。

尚文さん達は砂時計を発見した事を
直ぐに女王様に報告し波の準備をするなど
手際がいいです。
女王様も報告を受けての兵力や船の準備など、
また島に住む住民達用の船を用意するなど
行動が早く流石です。
しかし船の方柱にしがみついて、目をウルウル
している練さんが男性ながら可愛いく見えるww
メルティさんまで来たのかと尚文さんが言い怒る
メルティさんの乙女心が分からない尚文さんでした。
尚文さんは今回の戦いで他の3人の勇者と共闘を
持ち込んだが相変わらず自信過剰達でした。
気苦労が絶えない尚文さんが可哀想である。
波が発生し大物が登場するが他の3人な
ダメージを与える事すら出来ないとは
役に立ちません。
レベルアップしたラフタリアさんの方が強いという
のは、カルミラ島での訓練が役に立ってます。
魚人達がメルティを連れ去ろうとした所を
ラルクさんが救う所は格好いいです。
複数の敵を鎌でなぎ払い技で全滅させるとか
強いです。
尚文さん達が敵と知ったにも関わらず救ったり
協力してくれるなどいい人達でした。
ラルクさんは正体を明かし異世界から来たと
いい、自分達の世界も波の脅威と戦っており
勇者を倒す事が守る為だとグラスさんと同様の
事を述べる。
ラルクさん達の人の良さが垣間見る事が出来るが
お互いの世界を守る為に戦わなくてはいけない
状況が理不尽に感じます。
ラルクさんと尚文さんが互いに力を認めながらの
戦いの中で、とうとうグラスさんが現れた。
前回、グラスさんの攻撃を防ぐのは命懸けでしたが
流石に尚文さんもかなり強化しており、強くなりましたねと
褒められるというのも面白いです。
グラスさんは尚文さんが憤怒の盾をつわずしての説明に
本気でない事を伝えると驚くラルクさんが面白いです。
いよいよグラスさん達との最終決戦ですね。
しかし、どう考えても他の異世界から来た
ラルクさんとグラスさんの勇者を倒す理由が
自分の世界の脅威を守る為という理由が
不明すぎます。
今回の最終決戦で尚文さん達が勝利し、
グラスさんは力を認めグラスさん達と
一緒に異世界に行くという感じになるかもですね。
波の発生自体に何かありそうで、誰かの
仕業に間違いはないと思いますが、
そこに気付けば共闘し倒しに行くという
事になって欲しいですね。
それが分かるのはずっと先の話かな?

Re: お互いに譲れないもの

> こんばんはです。

 こんばんはです。
 盾の勇者視聴おつかれさまです。

> 尚文さん達は砂時計を発見した事を
> 直ぐに女王様に報告し波の準備をするなど
> 手際がいいです。

 以前なら誰も頼らなかったと思うだけに、
 しっかり成長しているのだと思います。

> 女王様も報告を受けての兵力や船の準備など、
> また島に住む住民達用の船を用意するなど
> 行動が早く流石です。
> しかし船の方柱にしがみついて、目をウルウル
> している練さんが男性ながら可愛いく見えるww

 女王様はさすがだと思いますが、
 錬さんは意外な一面が面白いです。

> メルティさんまで来たのかと尚文さんが言い怒る
> メルティさんの乙女心が分からない尚文さんでした。

 マインさんのこともあって、
 女性への恐怖がまだ残っているのかも。

> 尚文さんは今回の戦いで他の3人の勇者と共闘を
> 持ち込んだが相変わらず自信過剰達でした。
> 気苦労が絶えない尚文さんが可哀想である。
> 波が発生し大物が登場するが他の3人な
> ダメージを与える事すら出来ないとは
> 役に立ちません。

 教皇さんとの戦いは何だったのでしょうか。
 一度痛い目に遭わないと駄目なのかもしれません。

> レベルアップしたラフタリアさんの方が強いという
> のは、カルミラ島での訓練が役に立ってます。

 ラフタリアさんは順調に強くなってますね。
 フィーロさんもおそらく同等……でしょうか。

> 魚人達がメルティを連れ去ろうとした所を
> ラルクさんが救う所は格好いいです。
> 複数の敵を鎌でなぎ払い技で全滅させるとか
> 強いです。
> 尚文さん達が敵と知ったにも関わらず救ったり
> 協力してくれるなどいい人達でした。

 ここまでの展開を見ていると、
 頼れるお兄さんという感じで
 いいなと思いますが……

> ラルクさんは正体を明かし異世界から来たと
> いい、自分達の世界も波の脅威と戦っており
> 勇者を倒す事が守る為だとグラスさんと同様の
> 事を述べる。
> ラルクさん達の人の良さが垣間見る事が出来るが
> お互いの世界を守る為に戦わなくてはいけない
> 状況が理不尽に感じます。

 もしこんな形で出会わなければ友達になっていた……
 という言葉がこれほど似合う人も少ないかと。

> ラルクさんと尚文さんが互いに力を認めながらの
> 戦いの中で、とうとうグラスさんが現れた。
> 前回、グラスさんの攻撃を防ぐのは命懸けでしたが
> 流石に尚文さんもかなり強化しており、強くなりましたねと
> 褒められるというのも面白いです。
> グラスさんは尚文さんが憤怒の盾をつわずしての説明に
> 本気でない事を伝えると驚くラルクさんが面白いです。

 グラスさんが出てくるのは想定していたものの、
 3人相手ではかなり不利なように思えます。
 あの盾を使ってもどこまで戦えるか……

> いよいよグラスさん達との最終決戦ですね。
> しかし、どう考えても他の異世界から来た
> ラルクさんとグラスさんの勇者を倒す理由が
> 自分の世界の脅威を守る為という理由が
> 不明すぎます。

 たしかにそのあたりの背景がわかりませんが、
 戦いを通じて少しずつ明かされるのでしょうか。

> 今回の最終決戦で尚文さん達が勝利し、
> グラスさんは力を認めグラスさん達と
> 一緒に異世界に行くという感じになるかもですね。

 いずれにしてもちょうどいい区切りになりそうです。

> 波の発生自体に何かありそうで、誰かの
> 仕業に間違いはないと思いますが、
> そこに気付けば共闘し倒しに行くという
> 事になって欲しいですね。
> それが分かるのはずっと先の話かな?

 アニメ2期、3期と放送することを、
 期待するしかないかもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム