【アニメ感想】ダイヤのA actⅡ 第12話「ワガママ」

 ダイヤのAの3期12話を見て感想を書かせていただきます。
 次の試合に勝てば関東大会出場が決まりますが……
 本当の敵は相手ではなくて自分自身なのかもしれません。

【内容】
 自分の試合映像を見て容赦なくダメ出しをする栄純に後輩の浅田は驚きを隠せませんでした。
 由井は降谷の練習に付き合うと言いますが……
 降谷は由井の申し出を「やめとく」と言い、外に出て行ってしまいました。

 それぞれが次の試合に向けて練習する中、降谷は巨摩大との試合に負けたことを思い出します。
 次の日、栄純は部屋を出て早々に嫌いな奥村と目が合ってしまいます。
 日中の練習では将司だけでなく春市もしっかりとバットを振っていました。

 由井は身長であまり評価されず、実力不足だと言われてますます発憤します。
 御幸は奥村はあくまでキャッチャーだと言い、栄純とは野球で語り合えと言っていました。
 奥村は御幸に苦々しい思いを抱き、その御幸は降谷のボールの荒れっぷりに驚きます。

 栄純は自分も御幸に受けてほしいと言い、もっとナンバーズを磨きたいと心に抱きます。
 御幸は練習後も降谷のボールを受けると言い、由井は練習を見たいと言ってついていきます。
 一方、監督やコーチはそれぞれの部員のノートを見て感慨深いものを覚えていました。

 コーチは監督が国語教師までやっていつ寝ているんだと突っ込みを入れます。
 監督は甲子園の経験をチームの成長に結びつけられるのかと考えているようです。
 由井は降谷と御幸のバッテリーを見て感嘆し、その様子を見ていた栄純は更に吠えます。

 奥村は自ら栄純のボールを受けると言い出し、栄純はピッチャーとキャッチャーの「作品」だと言ってきました。
 御幸は降谷に「甲子園で何を見た?」と問いかけ、降谷はあの日以上のピッチングをしたいとひと言。
 「もうおなかいっぱい」「しんどい」と言ってくる御幸は、ベストの状態に持っていくことこそがエースの役割と言い切ります。

 御幸は今度は栄純の相手をすると言いますが、栄純は反発して奥村と練習すると言い出します。
 降谷は「マウンドを譲る気はありません」と言いますが……
 御幸は投手という生き物は難しいけど面白いと言ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 100人近い部員がいるという事実もあって誰が誰だか未だによくわかってなかったりします。
 キャプテンの弟さんばかりに注目していましたが、由井さんや奥村さんもまたかなりの実力者のようです。
 栄純さんと降谷さんと御幸さんとの三角関係(?)にも注目すべきかもしれません。

 野球に関するノートを見る監督の姿は顧問というよりも本業(?)の国語教師っぽさが出ていました。
 栄純さんと奥村さんの組み合わせがどんな結果を生み出すのかもちょっと気になりますが……
 そして次の試合の先発は、どちらになるのかと思いつつ、もしかしたら川上さんという可能性もありそうです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム