【アニメ感想】どろろ 第23話「鬼神の巻」

 どろろさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 兄弟対決は避けられなくなりますが、お母さんはこれをどんな気持ちで見つめるのでしょうか。
 そして、どろろさんの旅の果ては一体どうなるのか、わたし、気になります!

【内容】
 鬼神の馬にまたがる百鬼丸の前に、鬼神に取り込まれた多宝丸や兵庫、陸奥が立ちはだかります。
 子馬は母親を求めて走っていき、その先では百鬼丸と多宝丸達の戦闘が続いていました。
 どろろは彼らを止めようとしますが、琵琶丸は今の百鬼丸にどろろの声が聞こえるのかとつぶやきます。

 琵琶丸は地獄堂で同じ気配を感じたと言い、1体だけ喰らい損なったが故に百鬼丸は狙われているのだとか。
 12体目の鬼神と目と腕を奪い合う戦いが続き、それは全て景光が行ったことが原因だとひと言。
 兵庫、陸奥は鬼神になった馬を攻撃しますが、逆に兵庫は母馬に首を落とされて、陸奥も返り討ちにされます。

 百鬼丸は両腕を取り戻して絶叫し、あとは目玉だといわんばかりに多宝丸を殺そうとします。
 縫の方は百鬼丸に語りかけようとしますが、百鬼丸はそのまま逃げていきました。
 鬼神は子馬の方に乗り移ったらしく、琵琶丸は「畜生とはいえ、親子の情は厚いものだ」とつぶやきます。

 百鬼丸はそもそも「人」とは何かと考えつつも、自分が自分の体を取り戻すことの何が悪いのかと訴えます。
 多宝丸と百鬼丸は再び戦闘を開始し、その様子を見ていた寿海は百鬼丸の体は血塗られているのではと考えます。
 琵琶丸はどちらかが死ぬまで止まらないと言い、どろろは百鬼丸の体を鬼神に食わせればと言い出す男にぶち切れします。

 縫の方は何者かに頼り切った平和はもろいと言い、自分達は親に餌を貰うためのひな鳥だったとひと言。
 どろろはほしいものがあるなら自分の手でつかまなければと言い、そのために強くならなければと考えます。
 琵琶丸は力を求めて行き着く先は鬼神だと言い、仏の道を行っても人ではなくなってしまうと結論づけます。

 景光は多宝丸は必ず勝利すると言い、自らは戦場へと向かっていきました。
 多宝丸は城に残っている人間を逃がすようにと言い、どろろは心がしっかりしていれば鬼にはならないと訴えます。
 百鬼丸は多宝丸と再び戦闘を開始し、燃えさかる城の中で激しい攻防を続けます。

 縫の方はあそこで戦っているのは息子達だと言って現地に向かい、寿海もまた現地に向かおうとしていました。
 どろろはこれからのことが見えてきたと言い、兄貴も一緒だと訴えてきましたが……

【感想等】
 体を取り戻すためには弟さん達を殺すしかなくなってしまったのでしょうか。
 開始10分も経たずに陸奥さんや兵庫さんが亡くなってしまい、軽いトラウマになってしまいそうです。
 もはや、この作品を送り出したスタッフの方々が13体目の鬼神といってもいいのかも。

 お馬さんが親子の情を見せる一方で、人間の方は兄弟が殺し合うというのは実に深いです。
 「力を求めて行き着く先が鬼神」という発言がこの世の真理なのかもしれません。
 次回で最終回なのは間違いないと思いますが、彼らの旅の果てに一体何が待っているのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム