【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第8話「夏に向かって」

 ハチナイの8話を見て感想を書かせていただきます。
 せっかくメンバーがそろったのにテニスのせいで2回も中止になってしまいました。
 気を取り直して夏に向かってがんばっていきたいと思いますが……

【内容】
 メンバーがそろってきて練習にも熱が入り、茜は相変わらず猫耳パーカーで練習していました。
 オープニングの後は練習後になり、もう夏になったなとつくづく感じていると、翼は急に大会に出ないかと言ってきます。
 智恵は小也香との練習を続けていて、小也香からは大会で実戦経験を積むようにと言ってきました。

 夏の大会を意識した智恵は翼に相談し、翼は大会参加の有無について部員の意見を聞きたいとひと言。
 全国大会の動画を見て改めてレベルの高さを実感しつつも、女子野球のチームが少ないことからいきなり全国なのだとか。
 
 大正時代が女子野球の始まりでありましたが、戦後発足した女子プロはすぐに解散になったそうです。
 1985年に日米の試合があったことをきっかけに女子プロ野球が復活して現在に至るようですが……
 部員達は大会出場をあっさり決断したものの、交通費をはじめとした予算がどうしてもネックになってしまいます。

 先生は「お金のことなら心配要らない」と言い、部として承認されればなんとかなると太鼓判を押しますが……
 条件をクリアしたものの教頭には「現実的ではない」と言われ、さらには先生自身にも覚悟があるのかと言われてしまいました。
 そんなことを知らないあおいは魔球を投げるとのたまい、先生はもう少し時間がかかるとだけ告げます。

 龍は先生が学校ともめているのではと推測しますが、翼は自分達に出来ることをやるしかないと結論づけます。
 綾香は野球同好会の記事を書いていて、麻里安も野球部に興味を持ったようです。
 茜は地主の女性と話をしていて、先生は同僚の教師に「今年にこだわる必要はない」と言われてしまいます。

 先生が頭を抱えていたかと思えば、グラウンドの隣はひまわり畑だったということで、翼達はひまわりを植えていました。
 水浸しになった先生も水浴びに参加し、吹っ切れた先生は絶対に今年の夏の大会に出るんだと訴えます。
 一同は署名活動を行うとともに必要経費を算出し、先生は母親のメッセージに対して「充実している」と返してきました。

 先生は署名を出してきて、仲間として出来ることは全部やりたいと覚悟を示し、ついに教頭も折れてきました。
 大会の間は教頭が剣道部の顧問をすることになり、先生は夏の間は野球に専念することに。
 先生はVサインを出して成功を示し、最後は全員が集まって正式な野球部として初めての練習を行うのでした。

【感想等】
 いつもは飛ばしがちのオープニングも、これだけ間が開くと逆に新鮮に感じるのが不思議です。
 猫耳パーカーの茜さんが大好きなものの、猛暑の夏だと熱中症が心配になります。
 敵の一員である智恵さんの練習に付き合う小也香さんがいい人なのは言うまでもありませんでした。

 大正時代が女子野球の始まりだと言われて「大正野球娘」を連想する視聴者は少なくないかも。
 一生懸命でおまけに美人な先生の好感度が上がりまくりの一方で、先生が追い込まれるところは胸が苦しくなります。
 女子生徒がみんな可愛いのはお約束ですが、男子生徒は一体何をやっているのでしょうか。

 これまで個人個人でやってきたのが学校が一体になっている雰囲気が出ていてちょっと感動してしまいました。
 いきなり全国はハードルが高いと思いますが、どこかで小也香さんとの再戦はあるのでしょうか。
 いっそ2クールやってくれてもいいと思いつつ、残りのお話もしっかり目をこらして見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム