【アニメ感想】ワンパンマン 第20話「強い奴の抵抗」

 ワンパンマンさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 相変わらず怪人協会の謀略が続きますが……
 これまで言ってきたように怪人協会が2期のラスボスなのでしょうか。

【内容】
 格闘大会はサイタマの反則負けによってスイリューの優勝に終わります。
 突然現われたゴウケツという男は集まっている出場者に対して「怪人になれ」と言ってきました。
 プロヒーローは容赦なく吹き飛ばされ、ゴウケツが初代王者だと判明します。

 ゴウケツは怪人になったことで人間の壁を越え、次元が違う存在だと言い出します。
 投げつけてきた怪人細胞を食べると怪人になるそうで、怪人協会はもう一段上の段階に進もうとしているとのこと。
 眼鏡の男は怪人細胞を食べた途端に筋肉ムキムキになってしまいますがあっさり殺されます。

 ジョゼは怪人細胞を食べて赤いツノを持った怪人になり、これでサイタマを殺せると考えていました。
 他の出場者も生きるため、強くなるためだと言って怪人になってしまいました。
 スイリューはここで決勝のストレスを発散すると言い、一人で怪人たちに立ち向かっていきます。

 ジョゼはスイリューの連続攻撃で倒され、スイリューはそのままゴウケツに攻撃を仕掛けますが……
 ガロウは番犬マンと戦闘を開始し、スイリューはゴウケツの元弟子に苦戦を強いられます。
 スイリューはバクザンに協力を求めますが、バクザンは最強の生物を目指して怪人細胞を食べてしまいます。

 病院の人々を守っていた無免ライダーは苦戦を強いられ、そこに先ほど飛ばされたイナズマックス達が戻ってきます。
 タンクトップマスターが無免ライダーを救出し、スイリューは逃げようとして怪人化したバクザンに倒されます。
 怪人協会は人間に恐怖を知らしめ、ヒーロー協会重役の息子を拉致し、めぼしい人間を怪人にすることが目的でした。

 ゴウケツはアジトの場所を告げて去っていき、スイリューはこのまま見逃せと言いますが……
 スイリューはボロボロにされて涙を流してヒーローに助けを求めます。
 そこにサイタマがヒーローの恰好をして現われ、後は任せておけとバクザンに向かっていくのでした。

【感想等】
 大会途中で乱入するものだと思っていただけに、大会後に敵が出てくるのは想定外でした。
 怪人細胞で人間が怪人になるようですが、怪人になる副作用は自我を失うことでよろしいのでしょうか。
 自称怪人の人間であるガロウさんの立ち位置とは根本的に違うのは間違いないと思います。

 これまでは怪人協会の独壇場ではありますが、そろそろヒーローの反撃があってもおかしくないはず。
 サイタマさんがバクザンさんを倒すのは当然として、ジェノスさんもそろそろ逆襲してもいいと思います。
 ちなみに次回タイトルが「最強の悩み」なのですが、一瞬映ったソニックさんはどう関わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム