【アニメ感想】ゲゲゲの鬼太郎 第57話「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」

 鬼太郎さんの57話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のジョニー(エリート)さんに続いて今回も吸血鬼さんのお話が続きます。
 このブーム(?)に乗って「となりの吸血鬼さん」の2期もお願いします。

【内容】
 街では歩きスマホをしている若い女性が吸血鬼に襲われて血を吸われる事件が起こります。
 今月に入ってもう7人が犠牲になっていて、すでに犯人としてネットに晒されている人もいるのだとか。
 目玉おやじはお風呂に入っていて、思い出したかのように大逆の四将や石動零のことをつぶやきます。

 まなは吸血鬼の仕業ではないかと考え、鬼太郎はエリートに続いてまた吸血鬼かとひと言。
 そもそも日本の妖怪には人の血を吸う妖怪がいないらしく、西洋妖怪の組織的な犯行が推測されます。
 砂かけばばあは砂をまいてアニエスを呼び出しますが、彼女は円の外からは出られないようです。

 アニエスによるとバックベアードが人間の生き血を使って復活しようとしているそうです。
 エリートもバックベアードの命令を受けたのではないかと推測し、吸血鬼の貴族であるラ・セーヌはエリートより危険だとか。
 猫娘はまなを送って帰りますが、機敏なデブを発見して追いかけていきます。

 まなから話を聞いた鬼太郎は出撃して猫娘を危ういところで救い出します。
 一反木綿が猫娘を連れて逃げていき、鬼太郎は目の前の太った敵を倒そうとしますが……
 倒れていたはずの男性が吸血鬼ラ・セーヌであり、太った男「マンモス」はラ・セーヌの部下でした。

 鬼太郎はラ・セーヌと戦闘を開始しますが、宝石(?)に閉じ込められ、地面に埋められてしまいました。
 ラ・セーヌは再び女性の生き血を集めに向かい、まなを背後から狙ってきますが……
 鬼太郎のちゃんちゃんこがラ・セーヌにまとわりつきますが、怒ったラ・セーヌは釘でちゃんちゃんこを打ちつけます。

 ラ・セーヌはチェーンソーや火炎放射器を使ってもダメだったので、鍵をかけて海に沈めてしまいます。
 鬼太郎本体を始末するために掘り返して石を破壊してこれで終わったかに思われましたが……
 ちゃんちゃんこがまた出てきて襲われた女性を救いますが、どうやら糸がほつれて金庫を開けて脱出したようです。

 ラ・セーヌはほとぼりが冷めるまで待って次は大阪に行くと言っていましたが、そこにちゃんちゃんこが迫ってきました。
 屋敷は突然に火が放たれ、ラ・セーヌやマンモスは火に包まれてしまいます。
 鬼太郎はまなとアニエスに助けて貰ったと種明かしをし、君の動きはもう見切ったと言ってラ・セーヌを圧倒します。

 マンモスはもう日本には来ないから許してほしいと訴えますが、鬼太郎は甘いなと言いつつ零がやってきます。
 零は炎に包まれてラ・セーヌの力を奪い取り、さらにマンモスを蹴り倒してしまいます。
 人間を生かして妖怪を殺すというスタンスの零は、幾多郎の優しさが自分自身に降りかかってくると言い残すのでした。

【感想等】
 アニエスさんが再登場しただけでも暑い中視聴した甲斐があったと思えます。
 最近はZガンダムを見ているせいで、ラ・セーヌさんの中の人が飛田さんだとカミーユさんを連想します。
 子泣きじじいさんの中の人がシロッコさんと同じ島田さんなのは偶然だと思います。

 前回は美少年ばかりが被害を受けたから、今回は若い女性でバランスを取っているのでしょうか。
 鬼滅の刃で似たような事件があったのはおそらく偶然だと思いますが……
 吸血鬼の貴族というと数年前にアニメ化した「終わりのセラフ」を連想したりします。

 鬼太郎さんがあっさり倒されたのはいつもどおりですが、ラ・セーヌさんが変質者にしか見えませんでした。
 零さんが出てきたのは少し意外でしたが、彼のスタンスがわかったのはよかったかも。
 次回はかまぼこのお話らしいですが、その原料が魚ではなくて人というオチなのでしょうか。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム