【アニメ感想】鬼滅の刃 第8話「幻惑の血の香り」

 鬼滅の刃の8話を見て感想を書かせていただきます。
 あまりにも早いラスボスとの出会いに驚きましたが、炭治郎さんはこの強敵とどう戦うのでしょうか。
 十中八九逃げられてしまうオチだと思いますが……

【内容】
 浅草の街中でラスボスの無惨と対面した炭治郎でしたが、無惨はたまたま通りがかった人を鬼に変えてしまいます。
 炭治郎は鬼を押さえつけ、奥さんの方の傷を抑えるようにと念を押しますが……
 無惨は何事もなかったかのように去っていき、炭治郎は何処に行こうとお前を逃がさないと叫びます。

 警察がやってきて炭治郎を引き剥がそうとしますが、ある一人の女性「珠世」が「匂い」で助けてくれました。
 彼女は鬼でありながら医者であり、無惨を暗殺したいと思っているそうです。
 無惨は妻子を送り届けてからたまたま絡んできた男を一撃で殴り倒し、その兄も同様に殴り殺します。

 自分を「完璧に近い生物」と自称する無惨はその場に残った女性に自分の血を与えて細胞を破壊します。
 無惨は部下を呼び出して炭治郎の首を持ってこいと言い出し、彼の耳飾りに何かを思い出しているようです。
 うどん屋は自分のうどんを食わないのかと怒りだし、炭治郎と禰豆子にうどんを食べろと迫ります。

 とりあえずうどんを食べた炭治郎は珠世と一緒にいた男性「愈史郎」に呼ばれます。
 炭治郎は禰豆子を「醜女」と言われて憤りますが、それでも言うとおりについて行くようです。
 珠世は鬼でありながら医師でもあり、金銭に余裕のない人間から血を買って生きているのだとか。

 「200年の間に鬼に出来たのは愈史郎一人」と言われて、炭治郎はそもそも珠世は何歳なのかと突っ込みます。
 珠世は余命幾ばくもない人でしか処置をしないと説明しますが、2人の鬼が着実に炭治郎に迫っていました。
 そして、珠世は鬼を人に戻す方法があると言い、愈史郎は炭治郎を投げ飛ばして「ダメです」と怒られてしまいました。

 炭治郎は禰豆子の血を採取したいと言い、無惨の血の濃い鬼の血も採取したいと言ってきました。
 無惨の血の濃い鬼はそれだけ強い鬼であり、そんな鬼から血を採るのは容易ではないとのことですが……
 炭治郎は禰豆子の顔を見ながらも多くの人が救われるのならと快諾し、ちょっと顔を赤くしてしまいます。

 突然、炭治郎達の元に鞠を持った鬼と手のひらに目がある鬼が襲いかかってきました。
 Cパートでは愈史郎が珠世に関する日記を書いていることが暴露されてしまうのでした。

【感想等】
 初回から一家が全滅するような世界観ですから、一般人にはもう生きる権利もないのかも。
 無惨さんが妻帯子持ちという時点で驚きですが、鬼と人の間に子供が産まれるのでしょうか。
 完璧に近い生物と自称する彼ですが、単純にかんしゃく持ちに見えてしまったのは内緒です。 

 シリアス展開が続くかと思ったら、いきなりうどんを食べるという高度なギャグが面白いです。
 珠世さんの中の人が坂本さんだからか、某最高司祭やら璃華子さんを思い出してちょっと警戒してしまいました。
 ちなみに愈史郎さんの中の人は同じジャンプ系の「ヒロアカ」の出久さんみたいです。

 珠世さんと愈史郎さんのキャラクターが面白いですが、人に戻せる可能性が出てきたのは良かったかと。
 次回は無惨さんから差し向けられた死角と戦いますが、愈史郎さんの日記もちょっと気になります。
 炭治郎さん1人であの鬼達と戦うのは厳しそうですが、珠世さん達は少しでも力を貸してくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム