【アニメ感想】ワンパンマン 第19話「S級のヒーロー」

 ワンパンマンさんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 格闘大会も怪人の蜂起も着実に最後に近づいていると思われます。
 キャラクターが多くて誰が誰だかわからなくなりそうなのは内緒です。

【内容】
 今回の首謀者である怪人教会はヒーローに対して怪人はまだ戦力を温存していると言っていました。
 チャランコに扮したサイタマはベスト4に進出し、次の相手はダークホースらしいのですが……
 ガロウは番犬マンと戦うはずがそこにも怪人が発生して、また各地でヒーローと怪人の戦いが始まります。

 S級ヒーローの駆動騎士や童帝、豚神が事態を収拾するために動き出していました。
 豚神は怪人をいきなり食べてしまい、血清が手に入ったようで何よりでした。
 サイタマの対戦相手は自分が世界を支配すると大きなことを言っていましたが一撃で倒されます。

 S級ヒーロー閃光のフラッシュは怪人と対峙し、タツマキはそれを空中で粉砕してしまいます。
 怪人王オロチは「怪人などいくらでも作れる」と言い、アトミック侍は強豪を集めてガロウを斬ると言っていました。
 しかし、彼らのうちの1人「ハラギリ」は怪人細胞を食べて怪人になれと言ってきますが……

 アトミック侍はハラギリを一蹴して、先に怪人協会を潰すと宣言します。
 サイタマはスイリュウとの決勝に臨み、風圧でかつらが飛ばされそうになって危機感を抱きます。
 スイリュウは強い相手と戦うのは楽しいと言い、サイタマは格闘技を体験しにきたとひと言。

 すさまじい攻撃を連続で浴びせてくるスイリュウに追い込まれたかに見えたサイタマさん。
 スイリュウはヒーローなんて名前だけだと言い放ち、彼らに世界は救えないと言ってきました。
 サイタマは「やりたいことやってるのはお前だけじゃねえぞ」と風圧を起こしますが……

 カツラを飛ばされたサイタマは大会ルールに違反したと言われてしまいます。
 スイリュウはそんなことをお構いなしに「拳法とはこういうものだ」とサイタマを攻撃してきました。
 サイタマは「武術とは何か動きがかっこいいものだな」と言い、お尻で相手を吹き飛ばすのでした。

【感想等】
 怪人協会の会話を聞いていて、十中八九、大会の途中で敵が乱入するのだと思っていました。
 次々とヒーローが出てくるものの、こう多いと誰が誰だかよくわからなくなってきます。
 サブタイトルから考えるに、S級ヒーローがいずれもバケモノ揃いということをを示すお話でしょうか。

 怪人細胞なるアイテムが出てきたことで、怪人がいくらでも作れるという意味はよくわかりました。
 スイリュウさんは1期ラスボスの宇宙人さんよりも強そうに思える人は少なくない……はず。
 お尻で相手を吹き飛ばしてきたのは笑いましたが、この調子で怪人王さんもやっつけて終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム