【アニメ感想】どろろ 第19話「天邪鬼の巻」

 どろろの19話を見て感想を書かせていただきます。
 戦いで折れた刀を直して貰うために刀鍛冶の元を尋ねる百鬼丸さん達ですが……
 刀鍛冶の娘さんがすごく可愛いのが気になります。

【内容】
 多宝丸達との戦いで折れた刀を直すため、百鬼丸、どろろは刀鍛冶を求めて移動していました。
 村人は宗綱という刀鍛冶は腕前が良くなくて娘のおこわも性格が悪いと言っていましたが……
 おこわは父親が最高の刀工だと言いますが、百鬼丸はおこわにおでこをくっつけて吹き飛ばされます。

 宗綱は刀を供養する習慣があるようですが、おこわは百鬼丸が自分を嫁に貰いに来たのではと考えます。
 物陰に隠れていた天邪鬼に何かをされた百鬼丸は、刀ではなくてどろろを祭壇に置いて周囲を困惑させます。
 どろろは骨休めをしながら刀が出来るのを待とうと言いますが、百鬼丸は急に刀はいらないと言い出します。

 おこわは百鬼丸を「百様」と呼んで料理を持ってきて、百鬼丸は旅をやめておこわと一緒に暮らすと宣言します。
 百鬼丸は「どろろは一緒でなくてもいい」と言えば、どろろは2人が一緒になってうれしいと心にもないことを言い出します。
 屋根の上には明らかに怪しい影がありましたが……

 百鬼丸とおこわが明日には祝言を行う流れになりますが、百鬼丸はそれすらあっさりと聞き入れます。
 どろろは怒って入り込んできましたが、またも心にもないことをしゃべって去っていきました。
 いっそ刀を捨ててやろうと考えたどろろですが、宗綱がやってきたのでこれまでの事情を説明します。

 迎えに来てくれたはずのどろろが旅をやめると言いだしたことに憤るどろろさん。
 気がつけば次の日になっていて、宗綱は刀を優先して娘の祝言には出ないそうです。
 どろろは侍が嫌いだと言い、宗綱は争いを止める刀を作ることが理想だと言ってきました。

 「力の使い道を間違えてはいけない」と言われたどろろは改めて百鬼丸のそばにいることを宣言します。
 どろろは百鬼丸があのお寺にやってきてからおかしくなったと気づきますが……
 お寺の上には天邪鬼がいて、どろろは石を投げつけますが、百鬼丸は相手に操られてしまいます。

 宗綱が天邪鬼を倒して百鬼丸が元に戻り、とりあえず天邪鬼が封印されることになりました。
 おこわは祝言が取りやめになったことを告げ、幼なじみと思われる男がお前を幸せにしてやると告白してきました。
 刀は見違えるほどになっていて、百鬼丸は「俺はうれしそうだ」とつぶやくのでした。

【感想等】
 匂いをかごうとする百鬼丸さんに幼少期の悟空さんを何となく思い出すのは私だけでしょうか。
 名古屋弁(?)をしゃべるおこわさんは八十亀さんのご先祖様……というのはさすがに冗談です。
 おこわさんの存在がミオさんを失った百鬼丸さんにとって心の支えになるのでしょうか。

 男の子として育てられたはずのどろろさんですが、ジェラシーを感じるところはやっぱり女の子なのだと思います。
 宗綱さんの言葉がやたらと深く、どろろさんとの恋仲(?)も戻って何よりでした。
 次回は同じように妖怪を追っている少年がでてくるらしいですが、一体どうなってしまうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム