【アニメ感想】真夜中のオカルト公務員 第7話「喪失感と絶望の証明」

 オカルト公務員の7話を見て感想を書かせていただきます。
 京一さんのお姉さんのお話はだんだんとスケールが大きいお話になっているようです。
 アザゼルさんというお名前は色々なところで聞きますが……

【内容】
 アザゼルは失われた伴侶を生き返らせるために様々なパーツを集めているようです。
 琥珀の発言にあった手癖の悪い悪魔が女子高生達をさらっているようですが……
 京一は手がかりを逃したくないと言いますが、セオは自分に相談してくれなかったことに憤ります。

 新は「これは貸しです」と言って一旦職場に戻り、セオは地獄の門を探そうかと言って調査を開始します。
 行方不明になった女子高生の位置から相手の居場所を調べているようですが……
 新はアナザーに苦手なものがあるのではと考え、天使の多い場所や教会周辺が除外されます。

 調べ上げた場所は全て女子校の周辺であり、獲物の物色には最適な場所と言えそうです。
 新達は4つの地点を全て探していましたが、そこに琥珀がやってきて自殺願望でもあるのかと言ってきました。
 琥珀はこのままだと死ぬと言いますが、面白がって彼らを連れていきます。

 今回の黒幕が元天使のアザゼルであり、伴侶を生き返らせる目的で動いていることが明かされます。
 いずみは左手が動かないことに気づき、アザゼルは四肢がそろったと言い、今度は失敗しないと言って近づいてきます。
 セオは近くにケルベロスがいると察知し、甘いもので気をそらしてその間に先に進みます。

 アザゼルは京一の姉から目を奪おうとし、新達を襲ってきたケルベロスは琥珀の手によって消滅します。
 京一はアザゼルに発砲しますが通用せず、アザゼルは手を出さなければ解放すると言っていますが……
 復活したはずの女性は「この体は私のじゃない!」と叫びだし、琥珀は「人間じゃなくなるよね」と笑顔を見せます。

 アザゼルは「お前は誰だ」と言って女性を貫き、またやり直しだと言っていました。
 京一はアザゼルを攻撃しようとしたもののセオに言われて大人しく引き下がりますが……
 姉は目が見えなくなってしまいましたが弟と再会して喜んでいるようです。

 目が見えるようになった姉は弟が年上になっていてちょっと驚き、いずみも腕が動くようになりました。
 あとで新は色々事情を聞かれることになりそうですが……

【感想等】
 あっさりと裏切ったかに思える琥珀さんは気まぐれに行動しているだけという感じなのでしょうか。
 テオさんの「地獄の門」発言を聞いて羅生門やら冥府の門やらと頭に浮かんできました。
 共学校しか知らない身なので女子校と聞くとちょっとうらやましく思えてくるのはここだけの話です。

 アザゼルと聞くと最近だとベルゼブブ嬢のキャラクターが頭に浮かびます。
 神撃のバハムートのアザゼルさんはギャグキャラでしかありませんでしたが……
 ケルベロスと聞いて聖戦ケルベロスが頭に浮かんだのはここだけの話です。

 少し寝ぼけていたのでセオさんをテオと誤入力していたのに気づいて慌てて直してました。
 年上になっていた弟さんをあっさり受け入れるお姉さんは意外と大物なのでしょうか。
 課長さんの出張先がルーマニアでしたが、コメントにあったとおり次の相手はドラキュラさんなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アザゼルさん!? 目は取られたままか…
せっかく会えたのにつれぇ… 奇跡じゃ…奇跡が起こったのじゃ…
年下のお姉ちゃん良いと思います

Re: No title

> アザゼルさん!? 目は取られたままか…
> せっかく会えたのにつれぇ… 奇跡じゃ…奇跡が起こったのじゃ…
> 年下のお姉ちゃん良いと思います

 アザゼルさん色々なところで出てきますよね。
 私がまず浮かんだのは2人でしたが他にも色々いそうな気がします。
 年下の姉というのも新しいジャンルとしてはありかもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム