【アニメ感想】殺戮の天使 第15話「A vow cannot be stolen.」

 殺戮の天使の15話を見て感想を書かせていただきます。
 レイチェルさん達が確実に地上に近づいているのはわかります。
 おそらくこのままでは終わらないと思いますが……

【内容】
 ザックはレイチェルが人らしくなったといい、ついでにナイフを渡してくれました。
 緊急装置が起動して建物の爆破を開始するといい、レイチェル達はひたすらに走っていきます。
 建物は炎に包まれ、ザック達が走ってきた一方でグレイはブツブツとつぶやいていました。

 「君は何者か自分で確かめてみるのである」
 「己を知れば門は開かれる」
 とのことですが……

 炎に加えて鉄格子がザックやレイチェルの行く手をふさいできました。
 ザックは過去のトラウマを思い出して「焼け死ぬのはごめんだ」と動けなくなってしまいます。
 レイチェルのおかげで鎌で鉄格子を切り裂いて道を作り、レイチェルを抱えて進んでいきますが……

 ザックの鎌が壊れてしまいますが、それでもレイチェル達は最後の扉にたどり着きます。
 レイチェルは外に出たら自分を殺してくれるのではないかと問いかけてきます。
 「望まれて殺されたい」というレイチェルに、ザックはナイフを渡したのは殺されるまで生きろということだと説明します。

 ダニーが背後からレイチェルを銃撃し、緊急装置を作動したのも自分だと説明してきました。
 レイチェルは「ザックは人間だよ」と言い、与えてくれなくてもいいと言い出します。
 ダニーは自分がレイチェルに何でも与えてきたと言い、彼女を生かそうとしたのだと訴えます。

 レイチェルを銃撃し、どうして孤独から遠いところに行くんだと訴えるダニーさん。
 グレイはボウガンでダニーを攻撃し、レイチェルはまだ生きていると言い出します。
 外に行けばレイチェルは助かるとのことですが……

【感想等】
 改めてオープニングを見て登場人物の大半が退場している事実に終わりが近づいた感じがします。
 話数も残り2話となりさらにはダンジョンが壊れてくれば終わらないと考える方が難しいかと。
 トラウマで動けないはずがすぐに動けるようになるのは愛の力だといってもまんざら間違いではないのかも。

 望まれて死にたいというのはよくわからないものの、望まれて生きたいという言葉はわからなくもないです。
 あれだけ銃を打たれても死なないレイチェルさんも普通ではないのかもしれません。
 次回は地上に出てレイチェルさんが生存したとして、ザックさんはこれからどうしていくのでしょうな。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム