【アニメ感想】殺戮の天使 第14話「Swear you will be killed by me.」

 殺戮の天使の14話を見て感想を書かせていただきます。
 ザックさんは悩めるレイチェルさんをどのように救うのでしょうか。
 彼らは地上への出口を見つけることが出来るのでしょうか。

【内容】
 ダニーとレイチェルに銃を向けられたザックは絶体絶命のピンチに陥ります。
 しかし、レイチェルはダニーを銃撃し「ザックは私が殺したいの」とひと言。
 レイチェルは自分を殺してほしいと言いつつ、最後にザックを自分のものにしたいと言い出します。

 「お前の言ってることはぐちゃぐちゃなんだよ!」とキレてしまうザックさん。
 たちまちにレイチェルの銃を奪い、そのまま彼女を殺そうとしますが……
 レイチェルは「今のままの私を殺さないで」と言い、私の神様は死んじゃったとひと言。

 ザックは「俺は殺人鬼だ」と言い、自分が望むものを自分で決めているのだと訴えます。
 レイチェルはザックは最初からザックだったと言って涙を流し、ザックは俺を望め、俺に殺されると誓えと叫びます。
 玄関ならあるということでザックはそれを壊して先へと進んでいきますが……

 レイチェルは下のフロアに出口があると言い、ザックはよくわからないながらもそれについていきます。
 エレベーターは動かず、電源のあるオルゴールの部屋に移動することになりました。
 レイチェルは自分1人で行くといい、見られるのが恥ずかしいと言い出しますが……

 ザックが見張りをすることになり、レイチェルは地下へと移動していきます。
 「縫ってあげる時間はない」と言って進んでいくと、そこにはオルゴールを持ったグレイが立っていました。
 グレイは神でもない者に誓ったものは神への違いとはどう違うのかと聞いてきました。

 「私の心は私が背負う」と言うレイチェルに、グレイはそれでもまだ死を望むのかと問いかけます。
 グレイの「お前は何者だ」という言葉に、レイチェルは「私は私」と断言します。
 レイチェルはエレベーターのスイッチを押し、グレイは大聖堂のステンドグラスを調べなさいとひと言。

 人形に「ごめんなさい」「さようなら」と言って部屋を後にするレイチェルさん。
 拳銃を拾って移動するはずが、死んだはずのダニーの姿がなく、まだ生きているようです。
 エレベーターには誰かが乗って下に行った跡がありましたが……
 
 下に降りたレイチェル、ザックはグレイに言われたとおりにステンドグラスを調べることに。
 前に置かれていたオルガンを動かしてステンドグラスを破壊するとそこには階段がありました。
 レイチェルは連れていかれた時に目隠しをされて階段を降りていたことを思い出します。

 足をくじいてしまったレイチェルを見て、ザックは「人らしくなった」とひと言。
 「持ってろ」とナイフを渡しますが、突然に緊急装置が起動し、建物が爆発するそうですが……

【感想等】
 レイチェルさんがダニーさんを銃撃したのは昨日予想したとおりでした。
 殺人についてはともかくとして「自分のことは自分で決めろ」という言葉は正論だと思います。
 所々で言っていることがよくわからないものの和解できたのはよかったです。

 トップページの一枚絵を見る限りだとグレイさんがラスボスなのでしょうか。
 レイチェルさんの死を望む心も、残り2話で別のものに変わってしまうのかもしれません。
 明日、明後日で最後までいけると思いますが、どんな結末になるのか気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム