【アニメ感想】ピアノの森 第24話(終)「世界一のピアニスト」

 ピアノの森の最終回にあたる24話の感想を書きます。
 タイトルのとおり森でピアノを弾いていたカイさんが気がつけば大きく成長したと思います。
 果たして彼は世界一の栄冠を手にすることが出来るのでしょうか。

【内容】
 審査員は「一番よかったピアノを一位とする」とつぶやき、いよいよその結果が明かされることに。
 ポロネーズ賞にパン・ウェイ、カイがマズルカ賞をはじめとする3つの賞に選ばれます。
 その後は順位の発表となり、3位にレフ、2位にパン・ウェイ、そしてカイが優勝の栄冠をつかむのでした。

 阿字野はカイの優勝を喜び、審査員もまた二度と音楽を裏切らないといいきります。
 修平はドクターが来ているのを知ってカイに伝えようとしますが……
 ドクターはカイの将来に関わる話をしたいと言い、優勝賞金でしか支払いきれない手術だと言ってきました。

 カイのいう「手術」というのは阿字野の左腕を治すための手術でした。
 阿字野は少し時間がほしいと言って去っていきますが……
 「全力で諦めたことですから」とつぶやく阿字野は自分自身を許せないのだとつぶやきます。

 カイのこれからの人生に阿字野の復活が必要であるとのこと。
 ピアノの原点は阿字野であり、超えたいと思うライバルなのだと言い出します。
 そして幼少期と同じように素足で「茶色の小瓶」を演奏してきました。

 カイ達はワールドツアーで日本を発ち、阿字野は手術を受けたもののピアノはうまく弾けないようです。
 ワールドツアーの途中で戻ってきたカイは阿字野と一緒にピアノを弾くと言い出します。
 阿字野は少年の頃のように一から始めていこうと考え、最終的に復活リサイタルを開いてカイと共演するのでした。

【感想等】
 あえて最終回でオープニングを入れてくることで、幼少期からこれまでのことが思い出されます。
 誉子さんのいう「世界一のピアニスト」が現実のものになり、気がついたら涙が止まらなくなりました。
 嫉妬をこじらせていた修平さんも別人のようになり、なんだか隔世の感すら覚えますが……

 てっきりカイさんの故障だと思っていたのが、阿字野さんへの恩返しだったのは想定外でした。
 かつて師事した先生に逆にピアノを教えるというのは因果を感じました。
 過去を乗り越えて先に進む勇気をもらえたことに感謝しつつ、一旦は筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム