【アニメ感想】revisions 第12話(終)「revert」

 リヴィジョンズの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 大介さんの最後の戦いも、いよいよ大詰めを迎えたようです。
 この戦いがどんな結末を迎えるのか、最後までしっかり見届けたいです。

【内容】
 渋谷は何かに包まれて移動を開始し、人々は元の時代に戻ることが出来たようです。
 自治会長は涙を流して感動し、凱達は大介がやっとで自分達を守ったのだとつぶやきます。
 そこに慶作が現れますが、慶作は大介は7年前に死んだと言い出しますが……

 大介は2010年にワープしていて、そこでは慶作が誘拐されたことになっていました。
 自分は特殊警察だと言い訳をしつつ、小さな頃のルゥに「大介を信じろ」とひと言……
 ミロは慶作と一緒にいたのですが、高校生の大介が出てきたことに驚かされます。

 大介は子供一人を殺して世界が変わるのかとミロに訴えかけます。
 ニコラスは慶作の体を乗っ取っていて、小さな頃の大介を人質に取ります。
 なんでもニコラスは自分が時空の概念を超越した存在らしいのですが……

 力が分散したニコラスならばなんとかなるのではないかと考える大介さん。
 ミロは大介が特別な存在ではなかったといいつつも、彼の可能性にかけるのだとひと言。
 一方で凱達は大介がいなくなったという現実を受け入れようとしますが……

 大介は慶作を渡し、一瞬の隙を突いてニコラスに銃を向けてきました。
 ルゥは大介は生きているのだといい、凱もまたその考えに同調します。
 大介は慶作を銃撃しましたが、ニコラスはまだ死んではいませんでした。

 ニコラスは大介を存在ごと消すと言い出し、わざわざパペットを準備して戦いを促します。
 大介は自分の「みんなを守る」運命を信じるといい、一人でニコラスに立ち向かいます。
 ミロは「おまじない」をして、大介に「お前なら出来る」と告げるのでした。

 残されたミロは少年の頃の大介にみんなを守れるるのはあなただとひと言。
 高校生の大介はニコラスと戦闘を続け、自分が手に入れたものなど何もないのだと言い放ちます。
 大介はニコラスを倒して宇宙空間のようなところをさまよっていましたが……

 「世話の焼けるやつだな」と慶作が出てきて、さらにニコラスまでやってきます。
 ニコラスは慶作を消滅させようとしますが、慶作は逆にニコラスを消滅させます。
 凱は敬作の声が聞こえたと言ってゲートに手を伸ばし、そのまま大介を引っ張り上げていきます。

 大介、凱は改めて自分達をつなぎ合わせてくれた慶作に感謝を述べます。
 3ヶ月が経過し、連日に渡って事情聴取が進み、未来を見てきた人々は出来ることをしようと動き出します。
 そして大介は慶作を救出する手段があるのだと告げ、ミロにもまた遭えるのだと考えるのでした。

【感想等】
 ここだけの話、最初は大介さんのキャラクターが痛々しくて見ていられませんでした。
 勝手に飛び出していく彼を見ていて、もどかしい気持ちになったのも今は懐かしく思えます。
 彼の行動を見ていく中で子供を心配する母親の気持ちがわかったのは私だけでしょうか。

 「運命に抗う」大介さんは正真正銘の主人公で、そのキャッチフレーズにふとSAOが頭に浮かびました。
 こじつけるなら凱さんが(中の人的に)ユージオさんだからなのかもしれませんが……
 最後の戦いに赴く大介さんがかっこよく、あの中二病満載だった彼とは別人に思えます。

 大介さんが救出されたのはよかったとして、慶作さんは結局消えるしかなかったのでしょうか。
 最後は慶作さんと合流する可能性を残したのはよかったと思います。
 2期の放送があるのかはわからないものの、もしあるのなら絶対に見ようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム