【アニメ感想】レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~ 第49話「レイトン教授と秘宝レリクス エピソード5」

 カトリーさんの49話を見て感想を書かせていただきます。
 昨年からずいぶんと時間が経過しましたが、いよいよお父さん救出に向けて動き出すようです。
 三ヶ月もの間、何も言わずに待ち続けていた教授がそろそろ報われることを願います。

【内容】
 カトリーは父親であるレイトン教授を追いかけ、ついにレリクスの元までたどり着きますが……
 彼女が到着する数時間前、アルデバランは不敵な笑みを浮かべていました。
 レリクスは人を眠らせて時間の旅をさせる装置であり、装置自体が秘宝の正体であるそうです。

 カトリーは冷凍睡眠した教授とルークを助けようとしますが、そこにルークの妻メアリナが現れます。
 メアリナは教授とルークを探していたと言い出し、自分が組織に捕まっているふりをして探っていたのだと説明します。
 棺からの解凍方法はすでに調べているらしく、あとは意識が戻るのを待つだけのようです。

 カトリーはその場を立ち去りますが、レリックストーンのことがどうしても気になります。
 メアリナはルークが目覚めたら自分を見てどう思うのかと不安になりますが、カトリーはルークは喜んでくれるとひと言。
 続いて、どうして教授が眠りに落ちなければならなかったのかと質問をぶつけます。

 教授やルークが眠らされている理由は「身代わり」であるそうです。
 装置を手に入れたデレンダー伯爵は自分と息子を未来に送ろうと考えましたが……
 寺院に管理者を任せていたものの、伯爵と息子は事故で死んでしまいました。

 伯爵は自分を殺した相手を殺すようにと組織に命じていて、寺院は身代わりとして教授達を閉じ込めたそうです。
 カトリーは3つ目の棺に時間の旅をしてきた人物がいたのではないかと言い出します。
 アルデバランは伯爵に雇われていたそうで、カトリーは彼の屋敷を訪ねることとなりました。

 カトリーは天文学者をしていたアルデバランは相当なリッチマンだったと言いだします。
 アルデバランは実は偽名だったようですが……
 そこに教授とルークが復活して出てきて、父と娘は無事再会を果たします。

 ノアは父と娘の再会にもらい泣きしますが、シャーロは2人が本当の親子でないのが信じられないとひと言。
 ルークはどんな動物の言葉もわかるらしく、メアリナとも会うことができたようです。
 メアリナは女性よりも謎を追いかけるルークを好きになったと言い、2人もハグをしたようです。

 教授は唐突に仕切りだし、アルデバランが工学の推理料を要求して天文学の実験に費やしていたようです。
 伯爵は多額の資金を使ってレリクスを求めていましたが……
 実は彼は不死の病に冒されていて、未来ならば治療法が見つかっているのでは希望を託していたようです。

 レリクスにはタイマー機能が存在し、時が満ちたことを知らせる万人が必要でした。
 多額の資金を提供して寺院の司祭に命令しますが、レリクスルームは不完全であり、伯爵と息子が死亡します。
 司祭は教授やルークを身代わりにしたものの、アルデバランもまた棺で眠っていたようです。

 教授は図面を見ていてアルデバランが考えていたことがなんとなくわかります。
 牡牛座のアルデバランの位置を正しいものに戻すと仕掛けが発動し、さらにはクリスタルをはめてみました。
 プラネタリウムのようですが、星が落ちた映像は次の目的地を示しているそうです。

 どうやらアルデバランは「グリニッジ天文台」にいるらしいですが……

【感想等】
 ブログへのコメントにもありましたが、やっとでレリクスのお話になったことをとりあえず喜びたいです。
 レリクスが冷凍睡眠する装置だったことを考えればアルデバランさんが生きていてもおかしくありません。
 オープニングの親子共闘が実現すると思うと、なんだか心がドキドキするのは私だけではないはず。

 お話の謎が少しずつ解けていき、父娘の再会も果たされたのはよかったと思います。
 いつもハイテンションだったカトリーさんですが、これも父のいない寂しさを紛らわせるためだったのかもしれません。
 カトリーさんのスイーツ好きは元々の性格によるものかもしれませんが……

 突然の天文要素に同じ時間帯に放送しているプリキュアさんを思いだした人は少なくないかも。
 次回はアルデバランさんとのラストバトルだと思われますが、どんな戦いになるのか気になります。
 はっきり最終回と言われてしまったのですが、4月から何を楽しみに生きていけばいいのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント失礼します。
アルデバランが地下に巨大なドームのようなものを建設しようとしているということまでは分かりました。
ただ、そのドームが何の為の代物なのか。
単に巨大なプラネタリウムを造るにしても大袈裟すぎる気がします。
突拍子のない話ですが、アルデバランはもしかしたら別な星の住民でかつて、この星に不時着してしまったのではないか。
元いた星に帰りたいが、地球の文明は遥かに遅れていて宇宙船の製造もままならなかった。
そこで、彼は例の装置を使い何度も冬眠を繰り返して地球の文明が宇宙船製造まで可能になる時期を待っていた。
その都度、偽名を使い装置を操作してくる人を探していた。伯爵に近づいたのも、新たなスポンサーを必要とした為ではないか。

次回はよいよ、最終回。みんな忘れているけど、シャーロの正体は明かされるのだろうかwww

長文失礼しました。

Re: No title

> コメント失礼します。

 こんばんはです。
 コメントどうも有難う御座います。

> アルデバランが地下に巨大なドームのようなものを建設しようとしているということまでは分かりました。
> ただ、そのドームが何の為の代物なのか。
> 単に巨大なプラネタリウムを造るにしても大袈裟すぎる気がします。

 彼のことを知れば知るほどに、
 だんだんスケールが大きくなってきましたね。

> 突拍子のない話ですが、アルデバランはもしかしたら別な星の住民でかつて、この星に不時着してしまったのではないか。
> 元いた星に帰りたいが、地球の文明は遥かに遅れていて宇宙船の製造もままならなかった。
> そこで、彼は例の装置を使い何度も冬眠を繰り返して地球の文明が宇宙船製造まで可能になる時期を待っていた。
> その都度、偽名を使い装置を操作してくる人を探していた。伯爵に近づいたのも、新たなスポンサーを必要とした為ではないか。

 宇宙人説は十分可能性はあると思います。
 カトリーさんなら目を輝かせて喜びそうです。
 そのあたりを含めて次回には期待ですね。
 
> 次回はよいよ、最終回。みんな忘れているけど、シャーロの正体は明かされるのだろうかwww
>
> 長文失礼しました。

 シャーロさんの正体は忘れてましたが、
 そのあたりもしっかり言及されるといいですね。

No title

コメント失礼します。
来週が最終回…
凄く寂しいですね。
アルデバランの謎もいよいよ解明されるわけですが、
どんなストーリーになるのかが凄く楽しみです。
決戦のシーンの出来栄えはどのようになっているのでしょうか…
今回の49話では、レリクスの謎が解明され、
無事にカトリーちゃんがパパと再会できた話でしたが、
とても感動しました!アルデバランを、レリクスの眠りから
覚まさせたのは誰だったのでしょうか…
とにかく待ち遠しいです!(終わってしまうのも悲しいですが)
前にコメントされていた方もおっしゃってたのですが、
果たしてシャーロの謎は解けるのでしょうか?!
気になります。

Re: No title

> コメント失礼します。

 こんばんはです。
 コメントどうも有難う御座います。

> 来週が最終回…
> 凄く寂しいですね。
> アルデバランの謎もいよいよ解明されるわけですが、
> どんなストーリーになるのかが凄く楽しみです。
> 決戦のシーンの出来栄えはどのようになっているのでしょうか…

 1年ずっと見てくると感慨深いものを感じます。
 アルデバランさんが宇宙人なのかわかりませんが、
 どんな形で決着がつくのでしょうか。

> 今回の49話では、レリクスの謎が解明され、
> 無事にカトリーちゃんがパパと再会できた話でしたが、
> とても感動しました!アルデバランを、レリクスの眠りから
> 覚まさせたのは誰だったのでしょうか…
> とにかく待ち遠しいです!(終わってしまうのも悲しいですが)

 カトリーさんの素のキャラを見ることが出来たように思えます。
 アルデバランさんの協力者がいるとしたら、
 一体誰なのかにも注目していこうと思います。

> 前にコメントされていた方もおっしゃってたのですが、
> 果たしてシャーロの謎は解けるのでしょうか?!
> 気になります。

 シャーロさんの謎、
 これこそが作品最大の謎かもしれませんね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム