【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第24話「禁書目録(インデックス)」

 禁書目録の3期24話を見て感想を書かせていただきます。
 戦いが大詰めを迎え、いよいよ終わりが見えてきたのかなという感じがします。
 当麻さんはインデックスさんを救い、最後は笑顔で学園都市に戻れるのでしょうか。

【内容】
 一方通行の前に現れた氷華はパラメータを書き換えることでラストオーダーを治療できるのではと言い出します。
 番外個体をネットワークに潜らせることにし、そこで羊皮紙を出してきました。
 浜面は変わり果てた麦野から攻撃を受け、麦野は自分は全てを捨ててここに立っているのだと訴えてきます。

 麦野は叫ぶだけ叫んだら倒れてしまい、浜面はためらいながらも彼女を抱きかかえます。
 どうしてこうなってしまったんだと考え、自分達が殺し合うのも仕組まれていたのではと言い出します。
 浜面は滝壺のために麦野を見捨てたと言いつつも抱きしめ、自分達はもう一度「アイテム」になれると訴えます。

 麦野、浜面は痴話げんかを終えますが、学園都市からはセカンドプランが降ってくるとのこと。
 ステイルはインデックスと交戦を続け、レッサーはサーシャと戦闘を開始していました。
 そうかと思ったら「フィアンマに一矢報いる」という言葉を聞いた途端に共闘の流れになっていました。

 当麻はフィアンマと対峙し、フィアンマは当麻の右腕を手に入れようと襲いかかってきました。
 学園都市の光学兵器もフィアンマには通用せず、当麻はインデックスの知識を得たフィアンマに追い詰められていきます。
 フィアンマは「この世界は歪んでいる」と言い出し、歯車のいくつかが限界に達していると主張します。

 自分に従いさえすれば全てを救うとでも言いたげなフィアンマに、当麻はいつもどおりお説教をはじめていきます。
 当麻はたちまちに右腕を切断され、フィアンマはこれで全ての救済は完了するなどと言い出しますが……
 フィアンマは当麻にまだ何かがあるのではと察し、当麻は「こいつは俺がかたづける」と右腕を再生させてきます。

 当麻はフィアンマが敵が強ければ強いほど力を引き出すといいつつも、彼がおびえていたのではないかと考えます。
 「世界が終わったことなんてない」といい、フィアンマはいつの間にか追い込まれていました。
 今までのことを思い浮かべながら「そんな奴に救われるほど俺たちの世界は弱くはない」と言い放ちます。

 美琴は戦車を撃退していて、妹は姉の力に呆然としてしまいます。
 彼女は飛行機で天空の要塞に飛んでいこうと考えますが……

【感想等】
 毎回ながら展開が急すぎて、1話か2話ほど飛ばしたのかと考えてしまいました。
 SAOと同じように4クールでやっていたら少しは違っていたのかもしれません。
 麦野さんがどう見てもストーカーにしか見えませんが、どうしてこうなってしまったのでしょうか。

 浜面さんが麦野さんを抱きかかえたのはかっこいいですが、見捨てたと言いながら抱きしめるのはどうなのでしょうか。
 今さらながらブレンダさんが死ぬ必要はなかったのではないかと思いますが……
 せっかく現地にやってきた美琴さんですが、次のお話ではそろそろ本気を出してくるのでしょうか。

 フィアンマさんがラスボスなのはいいとしても、自分で手を汚さないアレイスターさんが一番の曲者のように思えてなりません。
 敵ながらも世界を救済しようなどと言っているフィアンマさんですが、今さらそんなことを言われてもピンときませんでした。
 右腕を再生させた当麻さんの人間離れした実力に呆然としつつ、最後のお話もしっかり見据えていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム