【アニメ感想】revisions 第11話「最後の希望」

 リヴィジョンズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に最終回が近づいていることを予感させますが……
 大介さんは絶体絶命の窮地を前に真のヒーローになることが出来るのでしょうか。

【内容】
 大介はリヴィジョンズを退けたものの、ミロは任務のために過去へと向かってしまいます。
 ストリングパペットのエネルギーも尽きかけた中、一つの光が現れたそうですが……
 大介は慶作を元に戻す方法があるのではないかとつぶやきます。

 オープニングの後、大介は改めて黒い敵は慶作だと主張し、彼を元に戻そうと訴えます。
 凱はパペットはもう動かない状況を前に、そもそも自分が現代に戻る術はないと言い出します。
 区長に与した連中は土下座して謝罪し、泉は遺恨を割り切るように努力するとひと言。

 リヴィジョンズによる攻撃はいつ再開されるかわからず、さらには電力がほぼ尽きかけている状況でした。
 敵基地を急襲するという案が出されますが、先生は大介達は高校生なのだと反論します。
 大介達はミロからのメッセージを聞き、そこにはリヴィジョン計画の概要が説明されていました。

 アーヴは渋谷を皮切りにあらゆる地域を跳躍させることで危機を回避しようとしていたそうです。
 リヴィジョンズはそれを自分達の体を確保する計画だと考えたそうですが、慶作は時空の特異点になってしまったとのこと。
 ミロは慶作を排除するようにと命令を受けたと聞いた凱はこれまでにない勢いで憤ります。

 石油を燃やしてリヴィジョンズを追い払ったものの、町では大介がリンチを受けてしまいます。
 凱は男達を撃退し「最高だな。クソどもを堂々とひねり潰せるって」とやさぐれた態度を見せます。
 大介は自分だけが浮かれていたと彼なりに反省しているようですが……

 凱は自分達だけで最後にリヴィジョンズの本拠地を攻撃すべきと言いますが、おじさんがそれはダメだと言ってきます。
 おじさんは「最後の希望」を起動させるといい、キューブに充電させる方法を発見したと言い出します。
 ここにいる人達が力を合わせて電力を確保したそうで、渋谷を守れるのはSDSだけなんだと素敵な言葉が並びます。

 大介は自分が一人で突入すると言い、自分はリーダーの器ではないとはっきり認めます。
 ニコラスは慶作の姿になりますが、大介は怒りのままにニコラスを攻撃していきました。
 大介は「運命」など関係ないと迫りますが、ニコラスは黒い機体になってムキューを殺してしまいました。

 ニコラスはどの時代においても存在が可能になったと言い出します。
 彼が言うには人類は彼を存在させるための犠牲になったそうですが……

 大介は慶作が重要人物だと言われ、自分が代替要員だと言われてしまって呆然とします。
 ニコラスは別の時空に飛んでいこうとしますが、大介はそれに踏み込んでいくのでした。

【感想等】
 時期的にも話数的にも、さらにはタイトル的にも次回で最終回なのは明らかでした。
 慶作さんが元に戻れる可能性があるとしても、電力切れという現実的な問題が立ちはだかりました。
 やさぐれた凱さんにユージオさんの姿を重ねるのは私だけかもしれませんが……

 大介さんの英雄的な行動はなりを潜め、少しずつ主人公らしくなってきたと実感します。
 少し前には大介さん達を非難していた人が突然手のひらを返したと思うともやもやした気持ちになりますが……
 変なことばかり考えてしまい、素直に感動できない自分の心が時々嫌になります。

 ニコラスさんがラスボスというのは確定として、慶作さんの姿になって出てきたのは想定外でした。
 大介さんが「運命」という言葉を捨てたのは、それだけ彼が成長した……のでしょうか。
 次回で最終回なのは確定だと思いますが、大介さんが最終的にどうなるのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム