【アニメ感想】revisions 第10話「みんなの街」

 リヴィジョンズの10話を見て感想を書かせていただきます。
 突然の事態に戸惑いながらも、大介さんはどう戦っていくのでしょうか。
 そして彼らは無事元の時代に戻ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 未来に飛ばされた人々は戸惑い、さらに黒岩や牟田もその中で命を落とします。
 ムキューは無差別捕獲を開始すると宣言し、街はどったんばったん大騒ぎです。
 連絡を受けた泉は全員で現地に向かうと言いますが、ミロも2010年への時間跳躍が近いと言ってきました。

 大介は「ふざけるな!」と逆ギレし、さらにエネルギーも尽きかけてしまいました。
 ミロを非難する大介は「上からの命令に従っているだけじゃないのか!」と涙目で訴えてきます。
 凱はただの高校生である自分達にここを守るのは無理だったのではと言い出しますが……

 ルウが大介や兄をぶん殴っているところに、そこに小さな女の子がやってきて自分達はみんな死んじゃうのかと言い出します。
 「みんなお兄ちゃんが守ってくれる」と女の子を安心させてはいましたが……
 エネルギーが切れかかっているという現状はあまりにも厳しく、さらには大人達は言い争いを始めてしまいます。

 嫌みなだけのじいさんだと思っていた自治会長が協力を申し出、先生も協力してくれているようです。
 ミロは今できうる作戦を提案すると言い、敵の侵入エリアも限られているそうです。
 人々を一点に集中させて敵をおびき寄せ、やってきた敵をやっつけることを提案しますが……

 ルウはミロに抱きついて、ミロは後のことを泉に託していきました。
 ミロは大介に語りかけ、ストリングパペットのインターフェイスは死んだ姉が元になっているのだと説明します。
 もし大介が「運命」に捉えられているのならば当時の彼に伝えない方がいいのかと言いますが……

 大介は「運命」という言葉を伝えてほしいといい、それを現実にするのだと言って出撃します。
 ルウはおびき寄せた敵を攻撃し、大介もまた「守り抜いてみせる!」と奮闘します。
 先生も必死に避難誘導をしている中、大介はかつて敗れた敵と対峙することとなりました。

 ニコラスは時間が一方通行であると言いつつ、自分は虚無の結晶と融合して時間の外に出ると一言。
 マリマリは生身で戦おうとして先生に救われ、おじさんもパソコンを動かして何かをしていました。
 大介は精神攻撃を受けながらも、敵である機体がマリマリを守っている事実に、彼が慶作ではないかと推測します。

 慶作と思しきロボットは「全てを受け入れるのは無理だ」と言って消えていきました。
 戦いが終わり、凱は「俺たちは勝った」と言いますが……

【感想等】
 牟田さんや黒岩さんを失い、さらにミロさんまで離れてはますます先が見えなくなりそうです。
 前回は覚醒したと思われた大介さんですが、やはり人はそう簡単には変わらないのでしょうか。
 人間、追い込まれて本性が見えてくるというのはリアルでもアニメでも変わらないのかも。

 街を守るために最後の戦いが始まることとなり、大介さんの表情も少し変わってきたのかも。
 相変わらず「運命」という言葉へのこだわりを見せますが、以前に比べると少しずつ落ち着いてきたような気がします。
 1話では生徒を見捨てて逃げていた先生ですが、彼女は大介さんとの出会いで変わったのでしょうか。

 ニコラスさんがラスボスでほぼ確定だと思われますが、言っていることが難しくてよくわかりません。
 さすがに敵のロボットが慶作さんだと言われては困惑しかありませんでした。
 戦いには勝ったものの、まだまだ残された謎は多く、残りのお話でそれらにどこまで迫れるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム