【アニメ感想】BanG Dream! 2nd Season 第10話「R・I・O・T」

 バンドリの2期10話を見て感想を書かせていただきます。
 1周年記念ライブがかなわず、ポピパの皆さんに黄色信号が灯ります。
 主催ライブは一体どうなってしまうのか、わたし、気になります!

【内容】
 1周年記念ライブが出来ないまま文化祭は終わり、ポピパメンバーはそれぞれ思索にふけることに。
 ロゼリアの皆さんがオープニングを歌う一方、六花はポピパはどうなってしまうのか心配になります。
 香澄はたえに声をかけますが、有咲とはどこかぎこちない状況が続きます。

 有咲は「別に怒ってねえよ」と言いますが、紗綾には謝っておくようにと念を押します。
 りみは大量のパン(山吹色のお菓子)を準備してみんなで食事をします。
 香澄は全員でお礼を言いに行こうと生徒会室を訪ね、燐子に改めて例を述べ、同時に謝罪もします。

 ロゼリアの皆さんに一礼するポピパの皆さんですが、友希那は「次はないわよ」と一言。
 友希那はたえはレイズアスイレンのファーストライブと日程がかぶっていたことに言及します。
 六花はお礼を言われて困惑し、たえは単身でチュチュの元を目指しますが……

 たえはチュチュ達の前に立ち、意を決してやめさせてほしいと言い出します。
 チュチュは「素人の腰掛け程度なら迷惑」と逆ギレし、やるなら本気でやれと言い放ちます。
 レイヤはたえが本気だったことに言及し、それが伝わっていると言いますが……

 たえの脱退は了承されたものの、主催ライブだけは出るように言われたそうです。
 レイアはかつてたえと一緒に音楽をやっていたころを思い出していました。
 親の転勤で引っ越すことになり、たえの演奏に思わず涙が出るレイアなのでした。

 また戻ってこようと思っていたレイアですが、逢えただけでそれでいいのだと一言。
 ポピパの主催ライブは新衣装でいくとのことですが……
 チュチュは「究極の音を出して」と言い放ち、主催ライブこそが礎になるのだと言い切るのでした。

 早くも主催ライブを行うスイレンですが、レイヤやマスキングはかなりの実力者であるそうです。
 レイヤと有咲とはミュージックスクールで一緒だったそうです。
 香澄達はスイレンのライブに圧倒され、たえは惜しまれながらも退職する一方、チュチュはたえをもらえないかと言い出すのでした。


【感想等】
 最終目的である主催ライブを前に意外なところでブレーキがかかったような気がします。
 どこまでも明るかった香澄さんもどことなく別の人のように見えてきます。
 たえさんと燐子さんが互いに謝っているところは少しシュールではありますが……

 友希那さんをスカウトしてきたチュチュさんが意外な形で波乱を起こしたのかもしれません。
 歴史にもしもはありませんが、もしレイヤさんと出会っていなければとつい考えてしまいます。
 メンバーが別のチームに入るというのはデレマスでも似た展開があったように思えます。

 たえさんがすんなり辞めるのを受け入れられたのは意外でしたが、レイアさんがちょっとかわいそうな気がします。
 レイアさん達が最終的に香澄さん達の前に立ちはだかるラスボスになるのでしょうか。
 たえさんが抜けた後のメンバーは意外なところで香澄さんの妹が来るのではと思っていたりしますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム