【アニメ感想】ケムリクサ 第9話

 ケムリクサの9話を見て感想を書かせていただきます。
 前回の段階で「クジマ」までの存在が確認できましたが、全部でいくつの島があるのでしょうか。
 この旅の先に一体何が待っているのか、わたし、気になります!

【内容】
 わかば達は白い霧に囲まれた山を越えて「クジマ」を目指すことになりました。
 シロについていくことになりますが、りながあっさりと信用する一方でりんは警戒を解いていません。
 突然の物音に驚きつつも先に進んでいくと青い壁のようなものがありました。

 わかばは壁を開けようと触れてみますが、壁の向こうからアカムシが攻撃を仕掛けてきます。
 壁の中を動いているアカムシを倒すために一旦作戦を考えることに。
 りんは迂回できないかと考えますが、現実問題としてそれは難しいようです。

 疲れてしまったりんは眠ってしまいますが、わかばはまだ起きていました。
 「ちゃんと寝ろ」と心配されたものの、わかばは一人で外に出ていって謎の女性と出会います。
 女性は長女の「りょう」を名乗り、わかばが「臭い」などと言ってきました。

 死んだということになっていたりょうは普通に生きていて、葉っぱに保存してもらっていたのだとか。
 「そうこなくっちゃ!」とテンションを上げてくるりょうなのですが……
 りょうはセーラー服の女性「りょく」に姿を変えてきて、壁の壊し方を確認しているようです。

 わかばが見ていたものはりょくの日記であり、りょくはもう殺すしかないなどと言い出します。
 りんの持っている記憶の葉なるものが重要になるそうで、確信を知ってから消えたいなどと一言。
 木に触れば動かせるのではないかと言われて突破口が見えたような気がしますが……

 りょう達と別れたわかばはみどりちゃんの枝を使うことを提案してりんに怒られます。
 色々ありながらも作戦を展開することになり、りつは枝の一部を切り取り、わかばはぬしを倒すに至ります。
 いよいよ先に進めるようですが、一瞬、りんがりょうに見えてくるわかばなのでした。

【感想等】
 全部で12~13話だとしたらそろそろ終わりが見えてきてもいいのかもしれません。
 序盤からボス戦がはじまり、終盤のダンジョンという感じがしなくもないです。
 りくさんに続いてりょうさんが出てきて、最後は姉妹が勢揃いしてラストバトルになるのでしょうか。

 りょうさんがりょくさんに変身したのは驚きましたが、一人だけ洋装なのは何か意味があるのでしょうか。
 2人のやりとりがどこか微笑ましいものの、彼女は二重人格者なのかもしれません。
 残りでどこまで真実に迫れるのかわかりませんが、ここまできたら最後までがんばりたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム