【アニメ感想】火ノ丸相撲 第20話「鬼丸国綱と童子切安綱、再び」

 火ノ丸さんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 個人戦で負けた獅童さんと再び戦うことになった火ノ丸さんですが……
 果たして前回のリベンジを果たし、草介さんの待つ決勝に進むことが出来るのでしょうか。

【内容】
 たちまち2敗して崖っぷちのダチ高でしたが、千比路と佑真の奮闘によって2勝2敗の五分に持ち込みます。
 小関は佑真の勝利に涙を流し、観客も涙を流して感動していました。
 鳥取白楼の大将である獅童は仲間の相撲をいい相撲だったと言いつつその「気概」を見せてきました。

 「俺が横綱や」と気合いを入れる獅童に、火ノ丸もまた「横綱のあんたに勝ちに来たんだ」と一言。
 火ノ丸は仲間の奮闘や恩師たちに感謝し、二度も負けるわけにはいかないのだと気合いを入れます。
 一気に勝負を仕掛けようとする火ノ丸ですが、その行動は完全に読まれてしまいます。

 体格と場数で勝る獅童は火ノ丸を追い込み、火ノ丸もまたその想像を超えるのだと燃え上がります。
 火ノ丸は相手の攻撃に一歩下がりますが、草介は「逃げてない」と一言。
 自分は弱いのだと自覚しつつも、負けたおかげで自分は一人ではなかったと気づいたとのこと。

 佑真の突きや蛍の八艘跳びから必殺技に移ろうとする火ノ丸さん。
 自分が強くあり続けなければならないと思っていたものの、負けたことで仲間の姿が見えてきます。
 佑真の技ともいえるそり技で勝負をしてきますが……

 獅童は仲間達の強さが俺を強くしたのだと反論し、仲間が俺を最強にしたのだと追い込んできます。
 千鶴子は百千夜叉落としは左右に揺さぶれば揺さぶるほど威力を増しているのだと一言。
 火ノ丸はこの技は礼奈もいたから完成したのだと言い、一気に勝負を付けようと必殺技を放ちます。

 獅童は仲間を決勝に連れていくのだと言いますが、火ノ丸は勝利だけは譲れないと反撃します。
 一度敗北した獅童を下し、ついに決勝に駒を進めた火ノ丸は喜びのあまりガッツポーズをして叫び出します。
 獅童は仲間や妹を励ましつつ、決着は大相撲で付けるといって去っていくのでした。

【感想等】
 少年誌の王道ともいえる「努力」「友情」「勝利」をこれほど体現した作品は昨今では珍しいかも。
 それは火ノ丸さん達だけでなく、対戦相手の白楼の皆さんも同じでした。
 仲間のためにも全力を出すその姿はどんなスポーツでも変わらないのかもしれません。

 火ノ丸さんが獅童さんに一度敗北したように、獅童さんもまた草介さんに敗れた挑戦者でした。
 互いの意地と意地のぶつかり合いは最終決戦といってもいいのかも。
 自分は一人ではないということを「体現」した仲間の技を使ってくるという「演出」は涙すら出てきました。
 
 これまでほとんど出番のなかった千鶴子さんでしたが、彼女もまた一緒に戦っていたといってもいいはず。
 礼奈さんの必死なまなざしを見ていると近いうちに付き合うのではないかと思えてきます。
 次は草介さんとの試合になると思われますが、ここまできたらこのまま優勝まで突き進んでほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム