【アニメ感想】ケムリクサ 第8話

 ケムリクサの8話を見て感想を書かせていただきます。
 7つ目の島も安息の地にはならないのが現実なのでしょうか。
 ただひたすらに先に進むとして、この旅に終わりはあるのでしょうか。

【内容】
 りんはアカムシ達と戦闘を繰り広げますが、さすがに疲れが見えてきました。
 りつは倒れてしまい、りなももう少しで1人に戻りそうになります。
 わかばの案内は本当に大丈夫なのかと心配になってきましたが……

 白いロボット(シロ)がやってきて、地図を持ってきてくれたようです。
 「ハチジマ」なる場所が存在するようですが、りつは自分の地図と照らし合わせて信用できると一言。
 どうやらシロはわかばの役に立つことに喜びを感じているようです。

 わかば達はトンネルを進んでいくと、シロは自分が役に立てないのかとついてきました。
 続いてメンバー紹介に映りますが、わかばにはどのりながどの子なのか区別がついているようです。
 わかばは調べ物をしていくと色々と気になる情報が書かれていました。

 りんはわかばに話しかけてきて、わかばは彼女の体は最初の人のそれではないかと聞いてきます。
 触ってもいいかと言われたりんは急に顔を赤くしてきました。
 トンネルは行き止まりであり、別の道を進んで外に出ることに成功しますが……

 谷は赤霧で進めず、同じような穴はないのかと考えるわかば達。
 とりあえず一同はシロについていくと、同じ形のものが何体もいて驚きます。
 なんでも「主の言うことを聞く」そうで、ここは彼らの管轄らしいのですが……

 シロ達は向こう(クジマ)からやってきたそうで、船長がいなくなった、仕事がなくなったなどと色々な情報が流れます。
 彼らはケムリの命令よりも「船長」の命令が好きであるとのこと。
 わかばは地図がほしいと言い、クジマまでの地図を出してくれましたが、赤い根を越える必要がありました。

 シロは赤い根を切断するロボットをだしてきましたが、どうやらこれもケムリクサで動いているようです。
 わかばはいつの間にか「船長」と呼ばれ、ロボットに許可を求められます。
 ロボットが落ちそうになるのが心配ですが、最後までしっかりと赤い根を切り裂いてくれました。

 赤い霧によってロボット達の機能が停止するそうで、本体の葉っぱがもう残っていないとのこと。
 わかばは目の前で散っていくロボットに涙を流し、姉、妹を失ったりん達の気持ちがよくわかったのだと一言。
 りんは自分達が死んでも泣くのかと問い、わかばは絶対にそんなことはさせないのだと言い切るのでした。

【感想等】
 冒頭から戦闘が繰り広げられ、心なしか終盤のように思えてくるのは私だけではないはず。
 気がつけばわかばさんの縄が解かれているのは彼が信頼されている証でしょうか。
 ポケモンさんのイメージからか「ナナシマ」が最後だと思っていたのは内緒です。

 無生物だと思われるシロさんですが、とことこ歩いているところがすごく可愛いです。
 りなさんの違いについて私は未だによくわかりませんが……
 リヴィジョンズの後だと時々(中の人が同じ)りんさんとミロさんが重なるのはここだけの話です。

 シロさんの存在から「最初の人」につながるのはほぼ確定と見てもいいのでしょうか。
 ロボットさんの散り際に涙が出てきたのは私だけではないと思いたいです。
 次回はクジマのお話だと思いますが、その後の島(10番目以降)も存在するのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム