【アニメ感想】revisions 第3話「守護者たち」

 リヴィジョンズの3話を見て感想を書かせていただきます。
 いつもノリノリの大介さんではありますが、戦闘はまだまだ難しいのかもしれません。
 他の皆さんとの衝突はいつものことだと思いますが……

【内容】
 学校ごと未来に飛ばされてしまったと説明をはじめる大介さん。
 「俺がみんなを守るという運命が現実になろうとしている」とやる気になりますが……
 なんでも大介たちにしか「パペット」を使うことは出来ないとのことです。

 慶作が母親がやってきてお弁当を持ってきて、早速パペットの回収へ向かうことに。
 ルウは「ここは本当に未来なのか」とまだ信じられないようです。
 ミロは「パンデミックだ」と言い、未知の病原体によって国が保てなくなったと言い出します。

 大介は「俺がみんなを守る!」と一生懸命な一方、警察ではパンデミックのことは伏せることに。
 生活インフラの問題も気になりますが、リヴィジョンズの狙いは一体何なのでしょうか。
 ミロは「守る方法は私が考える」と言い、大介は自分の知っているミロとは違うと言って反論します。

 不服を述べる大介をなんとか慶作がなだめますが、警察は「この状況で憲法など存在しない(意訳)」と言い出します。
 人権や戦争反対等というのは平和時の言葉だと言ってきてリベラルな区長を困惑させます。
 ミロは過去にエージェントが飛んでいて有益な情報を残していると言い、人類が滅びない未来を予測しているとのこと。

 凱は今のミロはあのときのミロとは違うと言いますが、慶作は小学生の時代は覚えていないと一言。
 なんでもミロによると未来は不確定であるとのことですが、大介はあの時のミロを信じるの一点張りでした。
 「全てを疑うのよ」というミロの言葉を思い出す凱なのですが……

 お巡りさんの女性(泉?)は拳銃を持って偵察に向かい、大介は敵を見つけて倒しに向かいます。
 残ったメンバーはお弁当を食べ始めますが、凱はミロが何かを隠していると一言。
 慶作はミロは「全てを受け入れなさい」と別の記憶を覚えていましたが、そもそもどうしてミロが大介を助けたのでしょうか。

 大介は「こいつを倒せるのは余裕だ」と敵と戦いますが、あっさりと捕まってしまいました。
 市街地にもリヴィジョンズがやってきて警察ではまったく歯が立ちませんでした。
 ミロによって救われた大介はそのまま敵をやっつけてしまいましたが、今度は泉たちがピンチに陥ります。

 「殉職だ」とつぶやく泉を救出したのは凱とルウが乗っているパペットでした。
 兄妹は敵をあっさりと倒し、立場のなくなりそうな大介は呆然とします。
 15名程度の人がさらわれた一方で、リヴィジョンズを名乗る女性が区長に会いたいと言ってきますが……

【感想等】
 異変に巻き込まれる主人公はよくありますが、大介さんの適応力の高さは一つの個性でしょうか。
 いきなりのパンデミックと言われて驚きしかありませんが……
 パンデミックもなにもかもリヴィジョンズのせいだと考えておけば問題はないのでしょうか。

 アニメの世界で「戦争」ならまだしも憲法や人権といった言葉が出てきたときは少し驚きました。
 この作品を通じて緊急時には人権が制限されるのもやむを得ないという話題なのでしょうか。
 それはそれとして今回はやたらと情報量が多くて混乱気味になってきたのはここだけの話です。

 ミロさんの言っていることがそれぞれ違うのは、大介さん以外が記憶を改変されているのでしょうか。
 大介さんが勝手に動き出すのは想定内ですが、そのうち取り返しのつかないことをやらかしそうな気がします。
 今後凱さんと大介さんが殴り合う展開を予想しつつ、続いて4話以降も見続けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム