【アニメ感想】エガオノダイカ 第2話「戦乱の真実」

 エガオノダイカの2話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のユウキさんの無邪気なキャラクターは好きでしたが、現実はそう甘くはないようです。
 このまま戦乱が拡大し、両国は本格的な武力衝突へと発展していくのでしょうか。

【内容】
 ヨシュアの実家であるイングラム家は代々「王家の盾」となってきた一族でした。
 彼は父親に育てられましたが、その父もまた事故で命を落としてしまいます。
 生まれたばかりのユウキを笑顔にするようにと言われた彼は、その笑顔を守り抜くと誓うのですが……

 ヨシュアを含めたロボットが次々と出撃し、帝国の部隊と戦闘を開始します。
 ユウキはヨシュアからまったく連絡が無くてがっかりし、すかさず帝国は軍事力で民衆を支配していると説明が入ります。
 ヨシュア達は果敢に帝国の部隊を攻撃していきますが、あっさり去っていく相手は威力偵察にすぎないようです。

 「生き戻ったぜ」と人形に話しかけるヨシュアは思いっきり見られてしまいました。
 実際は帝国との間で戦争が始まっているものの、ヨシュアはユウキにそれを話さない意向のようです。
 ただし「気合いと根性」というフレーズははっきり双子に否定されてしまいますが……

 ジラールと対面したヨシュアは今こそ切り札を出すときではと進言します。
 高度限界を超える飛行を行いますが、これが全軍に投入されれば状況は一変する可能性もありそうです。
 土が合わないのかひまわりが育たず、ヨシュアは原因を調べると言って初日を終えます。

 チェスよりも戦闘が面白いと言い出すユウキに、レイラはゲームと戦闘は違うと苦言を呈します。
 帝国は大所帯を抱えているゆえに戦いをやめることが出来ないようです。
 戦線を引き延ばして帝国の力を削いでいくことになり、ヨシュアは単機で敵を引きつけることになりました。

 またも両軍の戦闘が開始されますが、ジラールは領民を救うためにと帝国と通じていたようです。
 爆薬で崩落させて敵を生き埋めにするはずが爆薬が発動せず、王国軍は撤退を余儀なくされます。
 ヨシュアは負傷しつつも「気合いと根性」で突っ込んでいき、彼を助けたユニはちょっとデレてしまいました。

 レイラはユウキを車に乗せ、騎士団の空母の所に行くと言い出します。
 国境の町が落とされたと報告を受け、ボロボロになった機体を見て呆然とするユウキさん。
 ヨシュアは眠ったかのように息を引き取ってしまったようですが……

【感想等】
 冒頭はヨシュアさんの回想が流れ、彼の行動目標が見えて少し親近感がわいたかも。
 初回は平和そのものだった王国も、少し間違えれば戦火が拡大する危機にあったようです。
 オープニングを見るとユウキさんとステラさんが手を取り合っていますが……

 「軍事力で民衆を支配している」というワードはよくあるお話で、色々と厄介な感じがしました。
 ユウキさんとヨシュアさんとの会話に癒されますが、これもいつまで続くのか心配になりました。
 大所帯を抱えているという点では「転スラ」のオークさんと共通するのかもしれません。

 持ち上げて落としてくるスタイルは割とありますが、2話でここまでの展開を持ってくるのは驚きです。
 ユウキさんの今後がいろんな意味で心配ですが、怒りで戦火を拡大させる流れになるのでしょうか。
 もう一方の主人公と目されるステラさんがどんな風に出てくるのか、次回からはしっかり見届けたいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム