【アニメ感想】BanG Dream! 2nd Season 第2話「黒き咆哮」

 バンドリの2期2話を見て感想を書かせていただきます。
 1期に比べてキャラが急に増えたのでちょっと混乱しているのは私だけではないかも。
 タイトルがどことなく中二病っぽく見えるのは気のせいでしょうか。

【内容】
 六花が何か本を読んでいますが、あこの中二病キャラに驚かされます。
 ギャラクシーでライブがあったという話題になり、六花もバンドをやらないかという話題が続きます。
 六花は目の前の同級生が香澄の妹であることに驚いてしまいます。

 オープニングの後、香澄は自分たちの主催ライブをやると有咲に熱く語ります。
 たえやりみ、沙綾もやってきて一緒にお弁当を食べることに。
 沙綾にはそもそも「ライブの主催」を何をすればいいのかという疑問がありました。

 したいことは何でも出来るという説明のあと、香澄はステージから空に飛ぶと言い出します。
 有咲たちは体育の授業だからと行ってしまい、香澄、たえは新曲を作りたいと一言。
 燐子や紗夜は主催ライブが近くて寝不足になっていましたが、有咲は何も出来ていないと謝罪します。

 有咲は紗夜からやることを色々と聞いて困惑し、一緒にやってみないかと言われます。
 あこは「友達と一緒の方が楽しい」と言いますが、友希那は「半端な熱は要らない」と言い放ちます。
 正式に出演を依頼された香澄は「がんばります!」と二つ返事で引き受けるのでした。

 今のところはチケットは順調に売れていて、貸し切り料も十分にまかなえるとのことです。
 香澄は練習のスケジュールを作りますが、みんなが合わせるのは色々と難しいのかもしれません。
 そこに六花と明日香がやってきますが、その挙動不審なところが気になってしまいます。

 香澄は出会うなり六花に抱きつき、六花はライブを見ることになって楽しそうです。
 ライブ当日、ロゼリアの皆さんは何か変なことを言って倒れていました。
 会場の準備など色々とあって寝不足らしく、香澄たちは手伝うと言いますが、ライブに集中しろと言われます。

 ロゼリアは最高の形でライブを行うためにと最後まで余念がありませんでした。
 六花は香澄の名前でチケットの取り置きをしていなかったことにちょっと驚きでしたが……
 ポピパのライブは盛況のうちに終わり、皆さんはそれぞれ喜んでいたようで何よりでした。

 友希那は「有難う。よかったわ」と言いつつ仲間とともに会場へと進んでいきます。
 初心者のためなのかしっかりとバンドメンバーを紹介し、様々な格の違いを見せつけることとなりました。
 そして「主催ライブをする覚悟が足りていない」とはっきり言われてしまうのでした。

【感想等】
 前回とオープニングが変わっていたので驚きですが、毎回変えてくるつもりなのでしょうか。
 1期は「きらきら星」のイメージが先行しましたが、相変わらず香澄さんがお元気ならよかったです。
 いきなり六花さんに抱きついてくるのはそういう需要を反映してのこと……なのでしょうか。

 自分たちのライブをするのが2期の終着点で、今回はロゼリアさんについて勉強をする感じでしょうか。
 少しずつキャラクターを覚えつつ、ライブの準備についても色々と説明があって勉強になりました。
 六花さんの挙動不審なキャラクターが他人とは思えませんが、彼女がバンドを組む日もそう遠くないのかもしれません。

 前回のライブシーンもパワーアップしていると感じましたが、今回のロゼリアさんもすごくかっこよかったです。
 ガルパピコのようなコミカル路線は一体どこに行ったのかとついつい考えてしまいました。
 ポピパ、ロゼリア以外にも色々とバンドがあるようなので、次回以降も少しずつ覚えていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム