【アニメ感想】キャプテン翼 第40話「ふらの出陣!」

 翼くんの40話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は翼くんでも日向くんでもなく、北海道の松山くんのお話のようです。
 彼なりにこの大会には色々と思うところがあるようですが……

【内容】
 牛乳と蜂蜜で作ったスタミナドリンクを飲んで気合いを入れるふらのの皆さん。
 マネージャーの美子はこの大会が終わったらアメリカへと転校するそうですが……
 そんな彼女の転校前の最後の思い出にと全国優勝を誓う松山くんなのでした。

 ふらのの相手は南宇和(愛媛)で、あっさり勝利して南葛と戦うと意気込みます。
 オープニングの後、東邦学園は日向くん抜きであっさりと準決勝に進出します。
 なお、美子は松山くんに秘めた思いを告白できませんでした。

 南宇和キャプテンの石田くんは松山くんを挑発し、武井くんがふらのから先取点を奪います。
 日向くんも松山くんが負けているのを見て驚きを隠せません。
 松山くんは練習の成果を出せばいいと周囲を鼓舞しますが、小田くんは得点に失敗してしまいます。

 ふらのは思わぬ苦戦を強いられ、翼くんは次に戦う比良戸のことを考えていました。
 前半戦が終了し、南宇和はもう1点取って逃げ切ると言ってきます。
 対するふらのはまず同点に追いつくことを考えますが、慣れない高温に体力を奪われます。

 気温が36度まで上がる中、後半戦がスタートします。
 南宇和は四国を制して全国を制覇すると豪語し、ふらのはますます体力を失っていきます。
 そんな様子を日向くんが苦々しい様子で眺めていました。

 小田くんは再度のチャンスを失敗しますが、松山くんは「こんなところ」で負けられないと叫びます。
 ふらのは全員攻撃を繰り出しながら極寒の中で練習していたことを思い出します。
 松山くんは「一年中土の上でサッカーできる奴に負けるか」と地を這うロングシュートを放って同点に追いつきます。

 石田くんを完全に抜き去った松山くんは、2度失敗した小田くんに全てを託します。
 3度目の正直で勝ち越しに成功したふらのはそのまま準決勝に進出します。
 翼くんはあえて小田くんにパスを送る松山くんはそこまでチームを信頼しているのかと実感するのでした。

【感想等】
 食堂のことばかりがイメージされる松山くんの色々な一面が見えてきました。
 三杉くんに対する弥生さんといい、松山くんに対する美子さんといい、ああいう役割に密かに憧れます。
 美子さんの転校という話題でふと小学生時代の岬くんを連想したのは私だけでしょうか。

 相手がモブ顔だからと侮っていましたが、意外にも松山くんが苦戦を強いられてしまいました。
 対戦相手が愛媛代表で県庁所在地が「松山」市なのはおそらくただの偶然だと思います。
 松山は松山でも実際のところは松山千春さんの方なのかもしれませんが……

 翼くんに執着するイメージの日向くんも、なにげに松山くんの実力を認めている描写がいいなと思います。
 「こんなところ」と言っているからと言ってもちろん「恐怖!精神病院」とは関係ないはず。
 降雪地域ゆえに松山くんへシンパシーを感じつつ、今後の彼のますますの奮起を期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム